IKKOさんが女子の悩みを解決! 「恋愛中は下着が変わるのよね」

ikksama01.jpg
御身麗しいIKKOさん

 まるで魔法をかけるかのように、女性を一瞬にしてキレイする一流のメイク技術と、コミカルなキャラで人気を博す、美のカリスマ・美容家のIKKOさん。今年2月に17年間添い遂げた彼との恋に、終止符を打ったニュースも記憶に新しいが、テレビでお見かけするIKKOさんは、変わらずに”元気”を振りまいてくれる。

 そんなIKKOさんの最新刊『IKKO 美人道』(集英社)が現在発売中。お悩み相談をまとめた1冊ということで、どんな質問にもビシバシ答えるIKKOさんの前向きな姿勢に少しでもあやかりたいと、サイゾーウーマン編集部がいつもの質問を携えて、いそいそとインタビューに行ってきました。

――『IKKO 美人道』は、ファッション誌『PINKY』(集英社)で連載中のお悩み相談コーナーをまとめた1冊ということですが。

IKKOさん(以下、IKKO) この本には「女の人生咲き乱れてナンボよっ!」というキャッチフレーズが付いているんですが、たった1度の人生、キラッキラに弾けてもらいたい。20歳前後の女の子達に向けて、私が通ってきた47年という道の中で、少しでもプラスになるメッセージがあればいいなあと思って作らせて頂きました。

――巻頭ではフルヌードも披露されてますね。

IKKO 皆さんのお悩みに「私、裸の状態でお答えします」という意味を込めて入れさせて頂きました。

――抵抗はありませんでしたか?

IKKO ヌードはね、私の中で抵抗は一切ないんです。自分の裸体を見せることでそこにメッセージ性があって、ファッションという枠から外れなければOKです。

――この本を通じて、世の女性達に伝えたいことは?

IKKO まず「自分を愛して」っていうこと。愛する第一歩は”朝”から始まっていくから、1日のうちで朝が一番大事よ。朝に自分のブラッシュアップをして、「今日の1日は今日しかないから、一生懸命生きていこう」って思うことが大切。

――「朝は眠い……」と言っている場合じゃないわけですね。ところで『IKKO 美人道』同様に、サイゾーウーマンからも女子の悩みを投げさせて頂いてもよろしいでしょうか。

IKKO 何でも聞いて。

『ジャニーズをはじめとするイケメンが好き過ぎて、現実の男を好きになれません。どうしたらいいでしょうか?』

ikkosan02.jpg

IKKO イケメン君達を好きなのは、それで自分のホルモンバランスが良くなっていけば悪いことではないわよ。とてもいいと思う。でも虚像の愛と、本当の愛は違うわよ。理想とぴったりの人が見つからなくても、ある程度の条件が合致したら、そこで近づくことも必要じゃない? っていうか、現実にもいい男はいっぱいいるじゃな~い、その辺に。

――IKKOさんも韓国のイケメン俳優がお好きですよね。

IKKO 今だったら兵役が終わって、『エデンの東』に出演してるソン・スンホンさん大好き。あと、チョ・ハンソンさん、キム・レウォンさん……でも現実の恋愛とは混同しないわよ。

――どうしたら、身近な男性を”恋愛モード”で見ることができますか?

IKKO 自分が変わらなきゃ無理。当たり前。何でかって言うと、人から好意を持ってもらうには、自分がまずその人を好きにならないといけないからよ。好かれる為には、まず自分が愛する。それから自分自身も愛すること。そうすれば道は開けてくるわよ。

――シンプルなようで奥が深いですね。では、次のお悩みにいかせて頂きます。

『現在、不倫中です。このまま関係を続けて幸せになれるでしょうか?』

IKKO あのね、不倫ということはどういうことかって言うと、皆が傷付いていくってこと。人の幸せな家庭をぶち壊すようなことをしたら、やがてあなたも誰かに必ずぶち壊されるわよ。それに、結婚してるのにあなたになびいてくる男っていうのは、必ずまた違う女になびくから。必ずそうなの。

――もし、既婚男性を好きになってしまったら、どうすれば?

IKKO だから~、不倫しなくたって他にいっぱいいるじゃな~い、いい男が~。まあ、それでも恋に落ちてしまったら、100パーセント奥さんにバレないようにルールを決めるしかないんじゃない? 私だったら絶対にシャワーを浴びても、石けんを使わせない。あとは運動をさせてから帰らせたり、下着を表裏間違わずにはかせる。女性の方も、彼と会う日は香水を付けない、とか。そういうルールを決めて、お互い守ることね。

――なるほど。匂いでバレやすいんですね。

IKKO 下着も要注意よ。恋愛真っ最中は下着が変わるのよね、女も男も。

――男性も変わるんですか!?

IKKO 当然じゃない!

――目から鱗です。では最後に、IKKOさんは今、恋してますか?

IKKO 2月に17年付き合った彼と別れましたけど、今は私自身が次の恋愛に向けて、まだそのタイミングじゃないなって。そのタイミングが来た時、相手側からアプローチがあったりすると思うんです。今度付き合う時は、もっともっと極上の女になって、極上の男をゲットするわ~。
(インタビュー・文=林タモツ)

IKKO(いっこー)
1962年1月20日生まれ、福岡県出身。高級美容室で勤めたのち、ヘアメイクの世界へ。以来、カリスマ美容家として活躍。主な著書に『IKKO キレイの魔法 ―愛され顔のメイクのレシピ』(世界文化社)ほか。DATV(スカパー!750ch.)にて『IKKO’S セキララTV!』放送中。

『IKKO 美人道 ~恋愛、ビューティー、人間関係。究極のお悩み相談BOOK~』(集英社刊/1,000円)
『PINKY』の人気連載「女の人生咲き乱れてナンボよっ!」をまとめた1冊。恋やビューティー、人間関係などのお悩み相談に、人生経験豊富なIKKOさんがアドバイスしています。さらに巻頭では、初の衝撃ヌードグラビアも披露!

『IKKO 美人道』

ヌード、こちらの完敗です……

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 鳥居みゆきの”ケータイ小説”は、「”生きること”がテーマなんです」
【関連記事】 光浦靖子さんと”女の性”について、リアルに傷をなめ合ってきました
【関連記事】 水嶋ヒロ、佐藤健らを輩出! ”ライダー系イケメン”製造秘話を明かす

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク