人力舎はピリピリでもTBSでは笑い話! 東京03恫喝事件の真相は

shinsuke_larry.jpg
「和解って素敵やん」

 10月3日に放送された『オールスター感謝祭09』(TBS系)において、司会の島田紳助によるお笑いトリオ「東京03」への暴行が疑われた”事件”。2ちゃんねるをはじめネットでは大騒ぎとなったが、吉本興業の顔色をうかがってか、東スポ以外の大手メディアがほとんど触れることなく、情報量が圧倒的に少ないため、視聴者にとってはこのまま紳助への”不信感”だけが残る結果となりそうだ。

 改めて”事件”を振り返ってみると、生放送である同番組で、エンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のパフォーマンス中に、回答者席の近くで紳助がもめている様子が数秒間映し出された。その後から、東京03の態度が終始うつむき加減になるなど、明らかに異変が起こり、「2ちゃんねる」などでは、「紳助が東京03に暴行を加えたのでは」などとユーザーの推測が書き込まれた。翌4日には、同番組に出演していたオール巨人が自身のブログで、紳助の”ブチギレ”を認めたため、そのコメント欄が炎上するという、”二次災害”まで出ていた。

「紳助さんがキレた原因は、東京03が放送前に紳助さんら大御所に十分なあいさつをしなかったことです。東京03が所属する人力舎は、そこまで縦社会ルールにうるさい方ではないのですが、吉本は別。特に紳助さんはお笑い芸人の礼儀にうるさいですからね。知り合いのマネージャーも、『お前のところは、”おはようございます”も教えんのか』と怒られた経験があると言っていましたよ。生放送当日も、紳助さんの楽屋前は、”あいさつの順番待ち”の行列ができていたそうです」(大手芸能プロダクションのマネージャー)

 その順番待ちに入れなかったのか、あえてあいさつに行かなかったかのかは分からないが、東京03を取り巻く環境は一変したようだ。

「先月に『キングオブコント09』の栄冠を手にしたばかりの東京03は、まさにこれから取材が増えるとき。各社一斉に取材申請を出していますし、来月にはDVDが発売されるとあってますます露出が増えるでしょう。でも、先日取材に行ったライターは、事前に関係者から『あの件に関しては一切触れないでください』と釘を刺されたと言っていましたよ。人力舎も吉本と比べたら、力の差は歴然。芸能界を牛耳り始めた紳助を敵にまわしたくないのでしょう」(芸能誌ライター)

 そんな人力舎の状況を知ってから知らずか、呑気なのは番組を放送したTBSだというのだ。

「実は紳助さんが東京03に詰め寄ったとき、怒りのあまり紳助さんの手の動きがドラえもん的だったんですよ。しかも自制心と怒りが交錯したようで、詰め寄ったのも1回ではなく、静まったと思いきや、また詰め寄るといった様子が、ある意味コント。『オラ!』などの声が飛び交い、現場は緊張していたのですが、今思えばコミカルな動きだったなあと。それがTBS内では広がり、今年の忘年会のダシ物として、”紳助さんのモノまね”が流行りそうだと、現場ではすっかり笑い話になっています」(TBSの制作関係者)

 日刊サイゾーでもお伝えした通り、結局紳助と東京03は打ち上げの席で和解した模様。だからこそのTBSの発言なのかもしれないが、事が丸く収まらなかったら、今頃どうなっていたのだろうか。

『島田紳助の話し方はなぜ9割の人を動かすのか』

東京03に捧ぐ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 グラドルは手みやげ持参でご挨拶!? 島田紳助の「名司会道」
【関連記事】 石田純一&理子の熱愛騒動は出来レース!? あのカップルの裏側は?
【関連記事】 沢尻エリカ契約解除騒動からみるタレント契約事情

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク