『SATC』のミスター・ビッグが、エキゾチック系美女と婚約!

ChrisNoth.jpg
ビッグは実生活では円満なのね

 ニューヨークで働く女性の性を赤裸々に描いた大ヒット・セクシードラマ『Sex and the City』のミスター・ビッグ役でお馴染みのクリス・ノースが、長年交際している女優のタラ・ウィルソンと婚約した。

 これは54歳になるクリスが現地時間4日、カナダのEntertainment Tonight Canadaのインタビューで明らかにしたもので、2004年から交際しており、すでに同棲中である27歳年下のタラと正式に婚約したとのこと。挙式日程などの詳細についてはまだ発表されていない。

 クリスが友人と共同経営するニューヨークのバー「The Cutting Room」でタラが働いていたのがきっかけで、交際をスタートさせた2人は、08年1月には長男をもうけており、婚約/結婚は秒読みだと噂されていた。しかし、先月インタビューを受けたクリスは「婚約などしていない」ときっぱり否定しており、生涯独身を貫き通すのかともみられていた。

 2人は07年に公開されたケネディー暗殺事件がテーマの映画『Frame of Mind』で共演しているほか、喫茶店経営も共同でしており、親子ほどの年の差はあるものの、公私ともにベストパートナーだとされており、ペアルックで仲むつまじく散歩する姿が頻繁にパパラッチされている。

 身長187センチで甘いマスクのクリスは『Sex and the City』より以前に人気クライム・サスペンス『Law & Order』シリーズで刑事役を演じており、幅広い年齢層のファンを持つ個性派俳優。過去に元スーパー・モデルのビヴァリー・ジョンソンと長く交際していたが、ビヴァリーが「クリスに暴力を振るわれた」とメディアに激白し破局している。なお、クリスはDVを完全否定しており逮捕もされておらず、結婚してくれない腹いせにビヴァリーがでっち上げた、という説が強い。

 ビヴァリーも黒人であったが、タラも黒人とアジア人のミックスで、エキゾチックな美女である。黒人女性好きな白人男性とゴシップされていた時期もあったクリスだが、愛するタラと息子のためにファミリー・マンになる決心が、やっとついたようだ。

『SEX AND THE CITY:THE MOVIE (大型本)』

ビッグが子持ちだったなんて……

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 ハリウッド次世代女優「ハンナ・モンタナ」がSATC2へ出演!
【関連記事】 サマンサとの絡みが……あの精力絶倫キャラがSATC2の出演を断念
【関連記事】 キャメロン・ディアスが『セックス・アンド・ザ・シティ』のスミスと交際!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!