[TVツッコミ道場]

フジものまね特番、女子アナ忘年会芸って必要か?

takahashimaasa.jpg
フジテレビ公式HPより。入社6年目という事実
に衝撃!!

 今回ツッコませていただくのは、9月29日放送の特番『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)。

 ものまね特番といえば、フジ系と日テレ系という二強体制になってからずいぶん経つ。面白さはそれぞれかと思うが、フジは「ものまね」を題材にした「ネタ」の登場比率が高め。そして、「女子アナものまね」の存在である。

 今回も、高橋真麻、松尾翠、本田朋子の3人のアナウンサーによるキャンディーズがトップバッターを務めるという、並みいるタレント・芸人を差し置いて、自分ところの社員の芸から番組が始まってしまった。この公私混同というか、学園祭/会社の宴会ノリこそが、まさにフジ、といったところではある。キャンディーズが終わったときにも、「アナウンス室の忘年会でやれって言われたんですけど」と発言、毎回のように司会の今田耕司と東野幸治に指摘されている「忘年会の芸」というのが、やっぱり間違いではなかったことが分かった。

 この「忘年会や」というツッコミが免罪符になっているのか、実際好評なのか(内外とも?)、毎回局アナによる”出し物”は続く。

 そんな女子アナ”出し物”の中でも、キャラがたってるというか、別のベクトルになっているのが高橋英樹の娘・真麻であることは間違いない。「宝塚の熱狂的ファン」ということが公然のものとなって以来、豪華衣装でミュージカル仕立てでの「やりすぎ」ネタをやるのがすっかり恒例となっている。今回もキャンディーズの後、再登場し、「ウエスト・サイド物語」をきっちり歌い上げ、父・英樹が「もう感動だね」とデレデレと拍手、それを司会陣がツッコむという定番コントはもう、安定感漂う域である。

 今回の特番、なんと「4時間半」、一旦ニュース番組(『レインボー発』)をはさんでまでの長丁場だったのだが、松尾のエヴァ、本田の相川七瀬、石本沙織は「部屋とYシャツと私」と、何度となくフジテレビアナウンサーは登場してくる。社員のコスプレカラオケみたいな”芸”が続き、「似てる~!」も何もない気もしてしまうが、へっぽこなタレントよりも、商品価値ははるかに上、そういうことに尽きるのかもしれない。しかも、タレントさんに審査で勝利する(負けたのは松尾だけ)ってのも、なんだかなぁ。飛び上がって喜んだりして、楽しそうだけど。

 さて、2日後の10月1日。

 『とんねるずのみなさんのおかげでした』の特番の「とんねるずを泊めようSP」のコーナ−に、再び真麻と英樹が現れた。

 今度はママまで加わり、ファミリー総出なうえ、憧れの男性・要潤をサプライズで連れてきてもらい、仮想ウエディングをするという、さらなる真麻セレブレイトが!  そして感謝の手紙に涙する英樹。これもまた面白かったし、要潤が常におとなしくニコニコしていて、すごくいい人なんだろうなという発見もあった。

 真麻と英樹の溺愛親子コント、こんなに立て続けに見せられるとは思わなかった。せめてもうちょっと間をおいてやってくれないでしょうか。
(太田サトル)

『モンスターペアレント―ムチャをねじ込む親たち』

フジの女子アナにねじ込んだのが、そもそもの元凶

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 芸人が歌う姿を見せられるだけの番組、もう14弾だそうで
【関連記事】 副業もテレビ局公認! アナウンサーはおいしい稼業!?
【関連記事】 遅咲き姉を、必死でフォロー? ものまね師・コロッケの姉弟愛



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

フジものまね特番、女子アナ忘年会芸って必要か?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! TVツッコミ道場とんねるずのみなさんのおかげでした本田朋子松尾翠石本沙織高橋真麻高橋英樹のニュースならサイゾーウーマンへ!