はなまるマーケット(勝手に)コラボ企画

あの芸能人の「おめざ」を実食! お世辞抜きのガチンコレビュー

 『はなまるマーケット』(TBS系)の大人気コーナー「今日のおめざ」。芸能人のマイラブフードを紹介し、「あの人、割としょぼいものが好きなのね~」「若いのにそんな良いモノ食べてるの!?」と、茶の間の好奇心を刺激し続けています。「食に精神が宿る」「食が人間性を形成する」という言葉もあるように、おめざからその人の人格もわかるはず、と、現在小田急百貨店新宿店で開催中の「おめざフェア」で、ナイスな商品を購入、早速実食してみました。

 ジャニーズと酒が大好きなライターMと、スイーツと芸能ゴシップが大好きなゲイライターYがお世辞抜きでガチンコレビューしちゃいます♪

■山下智久のおめざ 「東京・浅草 壱番屋/黒こしょう煎餅」(1枚80円)

omeza-yamaP.jpg

浅草仲見世通りで、一枚一枚手焼きで仕上げる煎餅屋。黒こしょうは数ある味つけ煎餅の中でもダントツの人気。

ライターM(以下M):これ浅草の煎餅屋でしょ? 店頭にデカデカと「山Pのおめざ」って書いてあったから買ったのよ、昔。立派なタレントビジネスよ。
ゲイライターY(以下Y):なによ、ちょっとこれ辛すぎるんじゃないの? 飲み物なしにはイケないじゃない。
M:でも、このコショウの辛さが酒に合うんですよ~。日本酒でいきたいっす。
Y:この堅あげポテト的な味が好きなのかしら、山P。男気溢れる袋がアタシの乙女ゴコロをくすぐるわ~。とにかく、”俺はピリ辛な男だぜ”っていう山Pの無言のメッセージが隠されているのね~。
M:たしかに。山Pの『クロサギ』サイドを感じます。決して『プロポーズ大作戦』ではない。
Y:なんなの、その説明。分かりにくいったら、ありゃしない。えっ、一枚80円なの? 安いわ~、安いのよ、ちょっと安すぎね~。

■磯野貴理のおめざ 「三重・志摩 ポルボロン/ポルボロン」(10個入り700円)

omeza-kiriko.jpg

スペインの伝統菓子で、小麦粉とアーモンド粉を固めたクッキーのようなお菓子。一粒食べて「ポルボロン」を3回唱えると幸せになれるとか。

M:これは……。クッキー然としているのに、らくがんの様な生焼けのクッキーのような、ホロホロした歯触りに裏切られました。超甘い。
Y:大人になってからだと、この味に馴染むのは厳しいわ~。長年食べ続ければ、おいしくなるかもしれないけど、いまのアタシには越えられない壁ね。口に入れた瞬間になくなるから、食べたという気がしないのに、1個70円は高く感じちゃうわね。
M:あれば食べるけど、自ら進んで買う気はしないかも。私甘いの苦手だし、なんか……仏壇の前に置いてあるお菓子って感じ。
Y:でも、スペインのお菓子なんでしょ!? 欧州と日本の奇跡のコラボレーションじゃない。スペインのお土産にもらった、と思えばいいのよ。しかも、かまなくていいからお年寄りにはもってこい。でも油断していると、粉がのどにピタッとくっついてむせちゃうから、お茶を忘れずにね~。
M:包装紙のファンシーさと商品のエピソードが、貴理ちゃんの80年代乙女感とマッチしてますよね。
Y:この昭和的な懐かしい感じはまさにキリコ。匂いを嗅いだ瞬間から彼女の顔が目に浮かぶわ。オリジナルすぎる立ち位置も、まさにキリコね。

■高橋克典のおめざ 「北海道・札幌 桃華堂/スイートポテト」(100g270円)

omeza-katsunori.jpg

厳選された茨城県産の極上紅あずまを丸ごと一本スイートポテトにして焼き上げた品。中にはカスタードクリームが層状に入っている。

Y:このサイズは一体何人用? パーティー仕様のデカさで、個人で買う気にならなくってよ。何人で食べれば消化できるのか、アタシ不安になっちゃう!
M:パーティ向けですよね。この大きさはネタにもなるし、手土産には喜ばれそう。でもパーティーにスイートポテトを持ってきた人に、人生で一度も巡り合ってないですけど。
Y:お味の方は、ムダな甘さがなくて”THE イモ”って感じ。でも、しっとりとした口あたりでデブ化の促進剤!
M:そうですよね、このしっとり感と濃厚さは、特筆モノっすね。皮はパリパリ、具がしっとり。優しさと逞しさが共存しているあたり、克典と通じています。永井大はまだ持てていない、克典ならではの男気が。
Y:「特命係長」の大人シーンを思わせる大きさに、克典の”アレ”を思わずにはいられないわ~。
M:克典はこれをかぶりつきで食べるらしいですよ。
Y:ほら! かぶりつきだなんて、そういうことじゃない!

■哀川翔のおめざ 「鹿児島・谷山港 揚立屋/さつま揚げ」(棒天4本入り330円、その他2枚入り330円)

omeza-syosan.jpg

魚肉、塩、鹿児島産の地酒、菜種油、備長炭の活性水など選び抜いた素材を使用した、本場のさつま揚げ。れんこんや、きびなご、と種も豊富でファンも多い。

Y:さつま揚げって頻繁に食べるものじゃないわよね。きびなご、さつまいもなんかが入ってるから飽きないわ。こんなに具が変わっているものはないし、まさにオンリーワンよ。
M:美味し~。鹿児島は焼酎も食べ物もおいしいっすね。鹿児島育ちの翔さんのヤンキー的地元ラブ精神を感じるチョイス。
Y:それに、外見がハードで、噛むと柔らかって、翔さんそのものね。
M:色も翔さん的ですものね。このさつま揚げを肴に、翔さんとクイッとやりたいッス。

■川島なお美のおめざ 「長野・軽井沢 アトリエ・ド・フロマージュ/マスカルポーネシュー」(350円)

omeza-naomi.jpg

1982年から続く、チーズ専門店のシュークリーム。マスカルポーネクリームをふんだんに使ったシュークリームが大人気。

Y:濃いわ~。1個食べればしばらく充分よ~。
M:私も、もう食べないかな……。私の生活においてこれは出番ないわ。
Y:生クリームとチーズって、結構ある組み合わせよね。皮がとんでもなく堅いのは、”鎧”塚ってことかしら? シレっと自分(及び家族)を入れてくるのはさすがよね~。
M:クリームの巻きの感じと、シューのテカリが、不必要な華美さを演出していて、まさになお美を感じます。長野の軽井沢って場所も、いかにもなお美。
Y:もう全体がなお美って感じっ! 濃さ、存在感はもちろん、生クリームとチーズの層もなお美の複雑な乙女ゴコロを表しているわよね。これで350円は高いわ! 「私は高くつく女よ」ってなお美が言ってるのが思い浮かぶわ。

※以上の内容は、あくまで芸能人について語ったものであり、いずれの商品もとても美味しいものでした。(編集部)

『はなまるベストおめざ (単行本)』

ネタの宝庫♪

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「はなまる」初登場の錦戸がおめざに選んだ意外なモノ
【関連記事】 川島なお美がダンナのケーキで、ヒュー・ジャックマンへアプローチ♪
【関連記事】 発表! 支持率NO.1はあのコスメメーカー! ゲイに人気のコスメとは

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  14. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. ムショ飯はうまいのか?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!