[TVツッコミ道場]

サンミュージックの尻拭い役カンニング竹山、どこへ行く?

takeyama.jpg
『カンニング竹山単独ライブ 「放送禁止」』
/ビクターエンタテインメント

 カンニング竹山は、一体どこに向かおうとしているのだろうか。

 「約3年ぶり」の出演だという、9月19日放送の『エンタの神様』(日本テレビ系)。竹山と『エンタ』といえば、5年ほど前に番組内でキレまくり、「ウンコするぞ!」と、尻を出した事件で有名であるが、今回、「久々に登場したカンニング竹山が、今夜エンタで衝撃の発言をする!」というナレーションで紹介された竹山、なぜ久々に出演したのか、「真面目に話しますんでちゃんと聞いてください」と前置きし、こう言った。

「私、カンニング竹山、今日このステージをもって、お笑い芸人を引退します!」

 芸人やめて役者になるんだと宣言。なんでお笑いやめるのかといえば、

「もともとね、オレ、お笑いの才能ないもん!」

 オレの芸を面白いと感じたことあるか? と。そして、「最後に思いっきりキレて、みなさんを満足させて帰りたいと思います」と言いつつ服を脱ぎ、トランクス一丁の姿になった竹山は絶叫する。

「さあ、キレルぞー! ナメンなぁ、お前ら!」「ホントにキレたらこんなことなるぞ、コラァ!」「これがキレ芸や、バカタレが!」

 そして……

「今から! オレがこのパンツを! ここで!」

「脱ぎま……せん!!」

……うぉーい!  まさかの「ウソぴょん」オチ。『ダウンタウンのガキの使いやあらへん!!』(日テレ系)の年一回の名物企画「山ちゃん、やめへん」か。

「やっぱ気持ちいいね! やっぱオレ芸人! 役者なんかになるわけねえやろ、ボケェ!!」

 とネタばらししつつ、まとめていたが、なんかキツいな、コレ。キレ方が怖すぎたのか、どっきりであることをバラしても、会場は完全にひいた空気になっているのが画面ごしにも伝わってきた。

 竹山は、今さらなんのためにこんな茶番をやったんだろう。「笑える」でもないし、話題性が欲しいわけでもないだろうし。『エンタ』では、かつて竹山の他にも、クワバタオハラのくわばたがキレまくって、後日頭を丸めて謝罪という、「キレ枠」とでもいうようなものがあった。このところそんなノリはあまりなかったが、少し前の週に登場したサジタリという男女コンビ芸人が、「つきあってることをネタ中にバラされてネタ中なのにマジ喧嘩」という体の痴話喧嘩ネタがあったばかりでの、竹山登場。番組的に、なにかハプニング的な話題が欲しいのかなぁ、それで、竹山にお願いしたのかなぁ、で、竹山いい人だから引き受けちゃったのかなぁ……とか、余計なことまで考えてしまった。

 その翌日、『アッコにおまかせ!』(TBS系)本番直前の「今週のアッコにおまかせ!は…」というミニ枠に、竹山が登場した。そして、一言。

「ん~……、なんかみなさん、申し訳ないですけど、ホントになんかすいません」

 これは、同じサンミュージックに所属していた、酒井法子被告の事件に関する、「サンミュージック所属タレント」としての、「なんかすいません」のようではあるが、前日のエンタで不快な思いを視聴者にさせたことに対するおわびも含めたダブルミーニングだったのではという気がするが、これは深読みしすぎであろうか。

 それにしても、なぜか毎度、「なんかすいません」と、「サンミュージック代表」のようにひとり頭を下げる竹山。小島でも髭男爵でも、まして鳥居にもこんなことはできないし、好感度の維持こそが大事な現在のサンミュージックの宝・ベッキーも、うかつなコメントはさせられないのかほぼ沈黙状態。結果的に竹山が全部背負ってしまうことになってしまうしかないのか。そんな竹山が『おまかせ!』の本番中に和田アキ子以下出演者を見回して言った。

「悪いけども全員で、サンミュージックに入ってほしい!」

 これ、かなり本音だろう。この渾身の叫びに対し、和田アキ子以下、いっせいに、

「イヤです!!」

 出演者に口々に、「イヤです」「本当にイヤです!」と念をおされるほどの嫌われ者になってしまったサンミュージック。それを一身に背負い、唐突なキレ芸もやらされ、なんでも一手に引き受けちゃう竹山のライフポイントが残り少なそうで、心配だ。
(太田サトル)

『カンニング竹山単独ライブ 「放送禁止」 [DVD]』

「好きな芸人・竹山」って言おうかな

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 桜塚やっくん、自称妖怪・美川の”太鼓持ち”として再生!?
【関連記事】 和田アキ子の悪口トーク、放映終了後犠牲になったのは?
【関連記事】 酒井&押尾報道であの大物たちがドキッとしちゃった瞬間

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  13. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  16. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー