[連載]だから企業に聞いてみた

携帯電話の留守電(伝言メモ)が20秒以内って短すぎませんか?

docomonokeitai.jpg
便利になったらなったで、欲望が肥大化する
ものです

◎鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」

――知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を人気放送作家2人が直撃解決!

 とにかくスピーチが大の苦手である。結婚式のような大舞台だけでなく、シゴト柄、担当番組でのスタッフの歓送迎会的な場においてもいきなり指名されて「何か気の利いたオモシロイこと」を言わなくてはならないハメに陥ってしまう場合が多い。

 一応、バラエティ系の放送作家なので、少しはウィットに富んだ(死語)内容をしゃべってくれるんだろうなあオイ! という周囲からのプレッシャーの中、私の場合、9割方が「『爆笑レッドカーペット』で、中笑いが出た瞬間に会場中を流れるビミョ~な雰囲気」と同じ空気を醸し出してしまう。これまでの人生で失敗した数々の自分のスピーチを思い出すと、穴があったら入りたい気分になるほどだ。

 私の中でオトナの基準として、「スピーチがうまい」のと同レベルで「留守電にメッセージを残すのがうまい」ことが挙げられる。特に「20秒以内で」というバージョンのやつ。「20秒以内でお願いします」という音声案内を聞いている時点から、早鐘のように鳴る心臓。そして「ピー!」というスタート音とともに自動的に始まってしまう録音。極めて冷静に伝えたつもりが、終わって通話時間を確認したら「21秒」だったりした時のなんとも形容しがたいムダな敗北感。なんでこんな思いをせねばならんのか。

だから直接、 ドコモインフォメーションセンター に聞いてみた。

『携帯電話の留守電(伝言メモ)が20秒以内って短すぎませんか?』

担当者 ドコモのサービスで伝言メモ機能を提供させていただくにあたりまして、ドコモで検討したうえで、最適という時間が20秒ということで伝言メモとして設定されたものです。

──20秒だと、緊張してうまくしゃべれずに、時間内に収まらないことがよくあるんですが。

担当者 はい、その場合はまたお電話をかけていただければ、次の伝言メモに録音することができますので。

──どうして20秒に設定したんですか?

担当者 特に理由というのはございませんで、ドコモで検討した結果20秒という時間に設定し、サービスを提供させていただいております。

──20秒と決める時に、担当社員でシミュレーションしたとか。もしくは、20秒っていうのがメモリーの容量の問題とか言うんなら、まだ納得がいくんですが。

担当者 申し訳ございません、ドコモのサービスの運用については、お客様へのご案内はできない内容になっております。

──20秒にした理由は秘密なんですね?

担当者 申し訳ございません。

とにかく教えられないの一点張り。もうこうなったら意地だ。ソフトバンクお客様センター総合案内にも同じ質問をぶつけてみた。

担当者 ……はい、そちらは当社の設定でございまして、(20秒以内という設定の)決め方については特にご案内しておりません。

──さっきドコモにも同じ内容を聞いたんですけども、なぜか秘密なんですよね。それってなんでですか?

担当者 社内的な内容によりますので、ご案内している情報ではございません。

──「社内的な内容」ですか……(あきれ気味)。

担当者 はい!

通信業界において、顧客の個人情報に関して守秘の義務があるのはワカルが、今回の内容ぐらいなら別に教えてくれてもいいんじゃないか。なんだか、20秒以内の留守電(伝言メモ)にメッセージを入れてる途中で時間切れになった時と同じ虚しさを感じてしまったのでありました。

鮫肌文殊(さめはだ もんぢゅ)
1965年、神戸にて誕生。放送作家。『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ系)、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)などを手がける。

『仕事でそのまま使える実践CD付き 研修女王の最強3分スピーチ―アガリ癖、話しベタは、必ず治る!』

研修女王にあやかって、大人の階段を上りたいッス

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 どん兵衛やU・F・Oは、なんでストレート麺にしちゃったんですか?
【関連記事】 ハッピーターンの味のバラつきって、なんとかなりませんか?
【関連記事】 かっぱえびせんの原材料の”えび”は、なにエビですか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに