祝・私服写真集♪ 中居正広センスをファッション誌編集者がジャッジ!

kagayaite.jpg
「私服だらけの中居正広増刊号~輝いて~」
/扶桑社

 中居正広の37歳を祝して(?)、過日刊行された私服写真集『中居正広 増刊号~輝いて~』(扶桑社)。発売日に売り切れる書店が続出し、次の入荷予定を待つファンも多かった今年最大の”笑撃”作。失笑とともに語り尽くされてきた中居くんファッションの全貌が明らかになったワケだけど、そのセンスはファッションのプロ的にみてどうなの? ということで、某男性ファッション誌編集者さんから、「中居くんファッションをマネしたい人(信者)」「中居くんファッションから脱出したい人(脱信者)」に向けて、ためになるお言葉を頂戴してきましたよ!


■「中居くんファッションかっこよくない? 真似したい!」という人へ♪

「彼のスタイルを一言で表現するならば、唯一無二。あのコーディネイトは、普通の環境で育ってきた人には持つことのできないセンスだと思います。モードかカジュアル+ヤンキーの残り香というのは、中居くんオンリーの世界。てことで、あの希有なファッションを目指すのであれば、まず元ヤンの友人を作るところから始めるべきでしょうね。もしくは逆転の発想をうまく利用しましょう。これ、絶対いらないでしょ、っていう洋服を買っていき、それらをコーディネイトすれば瞬く間に中居君ファッションの完成です。そう、まさにナンバーワンでなくオンリーワン」(男性ファッション誌編集者)

■「中居くん系ファッションだけど、脱出したい!」という人へ♪

「う~ん、脱出したいと思うってことは俺のファッションは、他の人とはちょっとズレているんだってことを認知できたと。これは好材料だと思います。本人を含め、あのファッションを志している人は、自分のファッションが一番だ、と疑いもなく自信をもっている方々。そんなファッションが間違っていると気づいたならば、もう下界はすぐそこ。ファッション誌を読んだり、他のお洒落なタレントさんのファッションをチェックしてみたり、と色々な刺激を受けましょう。きっとオンリーワンだから良いってわけではないことに気づくと思います」(同上)

■とは言っても、いいところもあるよね?

「これは繰り返しになりますが、オンリーワンな世界でしょうね。人それぞれ、顔や性格が異なるように、ファッションセンスだって異なるはず。しかし情報の影響力とは凄いもので、彼のお仲間であるキムタクさんが着用するだけで、そのアイテムは一瞬にして店頭から消えるということが起こっているのも、まさにその一例。しかし、中居くんの場合は別。どっからどう見ても彼が誰かに影響を受けているとは思えないのです(強いて言うなら地元・藤沢の先輩?)。つまり彼は真のオリジネイターなのです。彼のおかげで良くなることもあります。トレンドには目もくれず、自分の気に入ったモノを彼は着る。好きなモノを纏えば、自然と気分も良くなる。そしてあのファッションを見れば、周りの方々も元気になるはず(面白いから)。つまり最高のスパイラルなんです。え、僕が真似できるか? 無理とかでなく、嫌です」(同上)

結果:中居くんファッションは人を幸せにする★

サイゾーウーマン編集部にも言わせて♪

 中居くんの私服、思いのほかまともでビックリしました。秋・冬は重ね着していることもあって、おしゃれに見えなくもないって感じです。でも、夏は本領発揮って感じよ♪ やっぱり地元・藤沢の風の匂いが東京まできちゃうのかしらん!? でも一番の見所は、草なぎくんと争うほどの実力を持っている絵画センス! タモさんが宇宙人みたいだし、「鯉のぼり」が「殺戮の現場」みたいになっているから、みんなも見てみて~!!

『私服だらけの中居正広増刊号~輝いて~』

一家に一冊!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 結婚をオススメする松本人志に、中居正広「気持ち悪くなっちゃう」
【関連記事】 草なぎ剛復帰で、リーダー中居正広が明かしたメンバーの意外な関係
【関連記事】 上田竜也、不思議センスの中居正広から”難しい”服を大量ゲット

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー