のりピーグッズが値段急騰? 第二次のりピーブームに乗り遅れるな!

nori1.jpg
「碧いうさぎ」/ビクターエンタテインメント

 6日間の逃亡生活の後、自ら出頭、というドラマティックな展開でお茶の間を盛り上げてくれたのりピーこと酒井法子容疑者。その壮大なストーリーは依然みんなの注目の的。逮捕された渋谷警察署がヤジウマでごった返してお祭り状態になったり、逮捕時のTBS系ニュース番組の視聴率が30.4%をはじき出したり、さらに代表曲「蒼いうさぎ」がiTunesチャートや携帯のレコ直サイトでトップアーティストを抑えて上位に上ったりと、いま日本で一番の人気者はのりピーで間違いない! そんな気になるのりピーの第二次ブレイクを予感して、アイドルグッズに強いお宝ショップオーナーに現在の動向を聞いてきました!

「購入するかたはボチボチいらっしゃいますね。メモリアル的に買っていくようです。売る方も増えたんですが、事件を見て、そういえば自分はグッズ持ってたな、って思い出して来るようです。これから放出品が増えるんじゃないですかねぇ。タレントグッズというのはそのタレントが亡くなると値段が上がるのでZARDや岡田有希子のときはすごかったですよ」(アイドルショップオーナー)

「買っていく方はマスコミ関係の方ですね。一般の方が売買に見えられることはまだないです。酒井法子さんはポスター3,000円、カレンダー6,000円、会報誌が一部1,000円からと価格が安定しているので、大きく変わることはないですね。普通は結婚すると下がって、亡くなると上がります。今回のこういうケースはいままでなかったので何とも言えませんが、酒井さんは現在が底値なのでここからさらに下がることもないと思いますね。」(荒魂書店グッズ担当)

 なんと、現在は価格に動きはない模様。そうはいっても、YOUTUBEで現在人気沸騰中の”サイバー・ノリP”ことDJ酒井法子の登場により、これまでのりピーを知らなかった若い世代にもその存在をアピール、新たなファンも獲得したことで、あっと言う間にプレミアグッズに! なんて事態も考えられます。そんな第二次のりピー本格ブレイクに備え、記念におひとつ持っておいてはいかが?

『碧いうさぎ [Single]』

手話アイドル時代

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 押尾事件から見えた、芸能マネージャーの”本当の仕事”
【関連記事】 押尾学に届け! 田代まさしさんをはじめ、愛ある激励の言葉が到着!
【関連記事】 マイケル・ダグラスの息子、覚せい剤所持で現行犯逮捕

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに