今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

押尾学事件、意外な被害者はここにいた

manabu.jpg
もう会えなくなっちゃったらどうしよ

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎小さいバチでたくさん欲しかった
 本音をいうと、ここまで大ネタじゃなくてもよかった気がする。エリカ様と並び、「バチがあたるところを見てみたい」という意味で注目され続けて来た押尾学。今回のこの話題は、いい感じでスキャンダラスな情報が小出しにされていることもあり、かなりの引っ張りがきく大ネタだ。でも、じっくり考えると、小さいバチがいっぱい当たった方がよかった気がするのである。 
最初「エイベックスを解雇」というニュースを聞いた時は、仕事の無断欠席とか、そういうレベルの話だと思った。それがなあ。人一人が死んじゃう話とは。彼には「明らかに尻すぼみなのに、相変わらずの押尾節」という様式美を、チビチビ時折見せ続けてほしかったのに。もう夫婦で出てた『やまとなでしこ』は、永遠に再放送されないんだろうなあ。いろんな意味で、この夏は松嶋菜々子にとって受難の夏だ。関係ないけど。

◎若人あきらの心境は……
 のりピー、失踪。現時点ではまだ消息不明。シャレにならないとは思いつつ、「これ見てたら、とにかく連絡を」とテレビカメラに向かって訴える事務所の社長に、桂小金治的な昭和の香りを感じたのもまた確か。あと、開始されたばかりで話題沸騰の裁判員制度の広報ビデオに、裁判員役で出演しているという間の悪さも皮肉である。若人あきら(現・我修院達也)レベルの失踪であることを祈る。

◎加減を知らない韓国芸能界
独立問題で大騒ぎの東方神起であるが、「13年契約」てのはすごいな。昔の年季奉公だってそこまで長くないだろうに。どっちの言い分が正しいのかウソなのかはわからないし、ファン以外にはどうでもいいことなのだが、「タレントになるためには、13年奉公も辞さず」か。枕営業が辛くて自殺した女優もいたしなあ。韓国の芸能界事情、激辛なり。おつとめごくろうさんです。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
日食に合わせてご帰還! 今後のエリカ様の正しい鑑賞方法とは?
子役の特性!? エマ・ワトソンと安達祐実が持つ女の性
マイケル葬儀で、話題のあのセレブが世界デビュー!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー