フジが総力を賭けた『アマルフィ』、ゴリ押しの宣伝はもはや洗脳?

amarfy.jpg
映画『アマルフィ 女神の報酬』公式HP

 「フジテレビ開局50周年作品!」「日本映画初のオールイタリアロケ!!」

 大仰な謳い文句の甲斐あって、動員250万人、興行収入30億円を突破した映画『アマルフィ 女神の報酬』。同時期に上映されたハリー・ポッターやポケモンには敵わなかったようだが、ファミリー向け映画が有利な夏休みロードショーであることを考えれば、大健闘といったところだろう。

「業界全体として見れば、そこそこのヒットであるのは間違いありません。ただ、フジテレビ映画史上、過去最高の製作費を投じた鳴り物入り作品としては、素直に喜べない数字でしょうね」(映画関係者)

 2006年12月公開、『大奥』の製作費が25億円規模。バブリーな情報への反発を考慮してか、アマルフィの製作費実数は発表されていないが、確かに30億円程度では”トントン”なのかもしれない。ちなみに、日本映画の製作費最高額は、角川映画『天と地と』の50億円だとか。

「一般的に製作費と言われる数字には、宣伝費なども含まれています。当時の角川映画は、フィルムメーキングよりも多くの金を宣伝に回していましたから、自局でパブのゴリ押しをするフジ映画とは、単純には比べられません」(前出・関係者)

 関係者の言う「パブ」とは、「パブリシティ」と呼ばれるPR活動のことで、基本的に代金を支払わず「情報」として各種媒体で扱ってもらい、露出効果をはかる。自社番組を使えばパブ打ち放題のフジテレビは、露出量や内容において大きなアドバンテージがあるというわけだ。

 今回のアマルフィでも、公開に合わせて尋常ではない量のパブ露出を展開。出演者のゲスト出演はもちろん、『もしもツアーズ特別編 映画”アマルフィ”公開記念!イタリアグルメ&絶景ツアー』『アマルフィ前夜祭SP ホンネの殿堂!!紳助にはわかるまいっ』『トリビアの泉 映画「アマルフィ 女神の報酬」で久しぶりに「へぇ」』など、人気番組でアマルフィ絡みの特別企画を集中投下。「織田裕二傑作選」と題して『踊る大捜査線 THE MOVIE』や『県庁の星』オンエアしたり、天海祐希のドラマ『BOSS』を再放送したりするのも、当然、アマルフィへの関心を喚起するため。こうなってくると、洗脳にも近い?

 実際、テレビ局の宣伝力を生かしたヒット映画作りには、業界内から批判の声もあがっている様子。

「通常、映画配給会社は、多額の宣伝費をかけてテレビスポットの枠を買っている。大作になれば宣伝費は10億円以上もざらですが、そのうちのほとんどがスポットCM分。それだけテレビというのは宣伝力の強いメディアなんです。関連作品として過去のドラマを放映し、映画タイトルを冠した特番を組めば、効果はスポットCMと同等かそれ以上ですよ。独禁法的観点からも、テレビ局主導の映画作りというのはどうかと思いますよ」(大手配給会社宣伝担当)

 媒体を持たない者のヒガミも多分にあるのだろうが、ネット上の反応を見ても、「公共の電波を使って自社製品を宣伝している」など、過剰な煽りに辟易としている者は少なくないようだ。一般ユーザー目線からもフジ映画の手法は、いささか目に余るフィー?

『フジテレビ・全仕事 (単行本)』

手広く商売してます

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「『TAJOMARU』はヒットしなくてもいい」 小栗旬の精神状態がヤバイ!?
【関連記事】 TERU絶賛の『イサム・カタヤマ=アルチザナルライフ』はエロ映画?
【関連記事】 視聴者に優しかった今年の『世界陸上』、その理由は……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー