『だめんず・うぉ~か~』くらたまの旦那候補が独白!【前編】

俺は”だめんず”じゃない”モテ男”だ! 600人斬りでも純愛はできる!?

kanaisan01.jpg
アクセサリーを多用する男は危険! ととある恋愛本に書いていましたが……

 先日、突如再婚を発表し、世間を騒がせた漫画家の倉田真由美さん。倉田さんといえば、ダメ男ばかり好きになってしまう女性の悲哀を描いた『だめんず・うぉ~か~』を代表作に持ち、自身もその傾向にあるという。

 その倉田さんのお相手が、映画配給会社「トルネード・フィルム」取締役の叶井俊太郎さんということが、報道合戦に火を付けた。というのも叶井さんは、バツ3・借金持ち・女好き(600人以上の女性と経験♪)という、まさに”だめんず”代表選手。

 ただ、そんな叶井さんも倉田さんとの出会いによって「恋」に目覚め、女遊びも封印したという。その真偽を探るべく、実際に叶井さんにインタビュー。経験豊富な叶井さんに、「”だめんず”を手なづけるにはどうすべきか」「結婚に向かない男性とは?」という、女性永遠の悩みをぶつけてきました!

――倉田真由美(以下、くらたま)さんとの再婚報道の直後から、ずいぶん騒がれたそうですね。くらたまさんのお腹にお子さんが宿っているものの、叶井さんが出産まで浮気せずにいられるかで、籍を入れるか入れないかが決まると伺っていますが?

叶井俊太郎氏(以下、叶井) いや、もう「結婚する」って書いてもらっていい。倉田さんに確認しても「する」って言っていたし。

――もともと、くらたまさんの漫画は読まれていたんですか?

叶井 まあ、この仕事していれば知っているし、読んでましたよ。

――正直、叶井さんはいわゆる”だめんず”だと思うのですが、”だめんず”は『だめんず・うぉ~か~』をどんな風に読んでいたんですか?

叶井 ”だめんず”って人数的にはそうかもしれないけど……。俺、”だめんず”っていう自覚ないもん。『だめんず・うぉ~か~』って、”だめんず”を好きな女性を描いているんでしょ。俺が今まで出会った女性とはちょっと違うよね。

――えっ、叶井さんは”だめんず”じゃないんですか?

叶井 違うよ、モテ男だよ。そこはあてはまんないから、『だめんず・うぉ~か~』を読んでいても、それに引っ掛かる女性を「ドジな女だな」って思ってたよ。”だめんず”って、また俺とは別次元の人たちの話だなって。

――え~!! だって7/21号の『週刊SPA!』(扶桑社)を見ました!? ”チン痛打法”(狙いを定めた女性に向かって、下半身が”興奮”したことを伝えて口説く戦法)って初めて見ましたよ。

叶井 コレひどいよね!! ビックリした!

――原稿は見てなかったんですか?

叶井 見てません。

――じゃあ、ある日突然、発売されたと?

叶井 いや、倉田さんから電話があって、「受付嬢とヤッちゃった経験があったじゃん? 会社名書かなきゃ(漫画で)描いてもOK?」って聞かれて、「いいよ」って言っちゃったんですよね。

――毎回やってることではないんですか?

叶井 毎回じゃないよ。これを毎回やっていたら、頭おかしいでしょ(笑)。それこそ「出禁」ですよ。でもこれは相手の女性にもある程度の好意があるんですよ。

――再婚報道でさえにぎやかなのに、くらたまさんにまで漫画で書かれるとは……(笑)。

叶井 昨日、偶然2番目の奥さんにバッタリ会ったんですけど、すごく怒ってるんですよ。「もうバツ3の中に入っているのも嫌だし、親や友達からも連絡が入るし」って。でも600人とか言っているけど、推定だしさ。俺が自分で自慢しているように言われているけど、ある程度大雑把に言った数字が一人歩きしているだけで、全然自慢してるわけじゃないからね。人数自体、数えてないし。

――そんな経験豊富な叶井さんですが、くらたまさんが初恋だったと伺ったんですが。

叶井 そうですよ。

――今までの推定600人は恋じゃなかったんですか?

叶井 そうですね~。

――今までの女性とくらたまさんとどこが違ったんですか?

叶井 自分が興味持っている対象、例えば映画とか本とか、それが全部合うというか。そうすると話が広がるし、楽だよね。今まで「どういう人がタイプなの?」と聞かれた時に、「こういう人が好き」って明確な答えが言えなかったの。でも「くらたまが好き」って言えるようになった。

――ちなみにくらたまさんの恋愛本の中に、「遊び人の大人の男を落とすには、彼が今まで言われたことがない褒め言葉を言う」とありますが、実際にくらたまさんに褒められました?

叶井 いや、俺は自分から行くから。俺は基本的に、相手が「自分のことが好きだ」と思いこんで突撃!

――相手の気持ちとか考えたりは……。

叶井 ないない。相手が「嫌だ」って言ってても、「本当は俺のこと好きなんだな、しょうがないな」って思って、行くわけだから。昔っから。

――叶井さんもブログでも書いてらっしゃいましたが、周囲からは、再婚しても持たないんじゃないかって言われているんですよね。

叶井 そうだね、「もうすでに女がいるんじゃ」って言われてるしね。でも今回が最後だよ。もう浮気もしないし。

――じゃあ、今までの女性の電話番号を消したりとか?

叶井 それはしないですけどね、逆に過去の女性から「私は何番目だったの?」とかの連絡がじゃんじゃんきますよ。マジで怒られてます。この間、「SPA!」の編集部に、倉田さんと二人でお祝いしてもらいに行ったのよ。そしたら、編集部の知り合いだけで、過去に俺と関係を持った人が3人いたからね。でも全然、思い当たらない(笑)。

――本当に1人1回なんですか?

叶井 そうだよ。だってさ、付き合ってみてから(体の)相性悪かったら、面倒じゃないですか。だったら、先にやってみて、確認しておけば、互いに面倒じゃないなって。

――じゃあ、付き合う前にふるいにかけると?

叶井 いや、そんなことも全然考えてないよ。だから自分でもまったく分からないんだよね、なんで付き合ったのか。でも俺結局、付き合ったのは3人だけだもん。

――でも付き合った3人が、ご結婚された相手なわけですよね。すごい確率じゃないですか。何百人中の3人ですよ。

叶井 そうだね。だけど多分相手がすごいわけじゃないと思う。タイミングです。

――ちなみに叶井さんは、”プロ”の方もお好きなんですか?

叶井 いや、俺、そこの経験ないのよ。興味はあったんだけどね。

――行かなくても間に合ってる感じですもんね(笑)。

叶井 そうだね。でも俺、若いころは「1週間に最低3人とする」って自分にノルマを課してたよ。だからあと1人って状況になった時も、「しょうがねえな」って言いながら、前の女とやってたし(笑)。

――何のためのノルマなんですか(笑)。

叶井 どうしてもやりたいから、「どうしてもやりたいんだ!!」って思いながら街を歩いていると、そういう相手に会うんだ、本当に。忙しくても、徹夜で仕事してても、「やりたい、やりたい」と思ってたもん。その気合が大事だからね。

(後編に続く)

『だめんず・うぉ~か~』

自覚ないんだって……。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 縁切りの”神”はお岩さん!? 恋愛に悩む人にピッタリの縁切りスポット
【関連記事】 35歳・肉食系ライター桜木ピロコがオススメ! 絶対使える109アイテム
【関連記事】 ショタコン&腐女子にジワジワ人気! 男児モノDVDの過激な内容

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム