[ジャニーズ・メディアの裏側]

祭り開催! 猛烈PR中の香取慎吾「こち亀」に「安っぽい」の声も

20080122.jpg
放送前からお腹いっぱいです

 SMAP・香取慎吾が主演し、8月1日よりスタートするドラマ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(TBS系)。放送を目前に、なりふりかまわぬPR活動が行われている。

 まずは16日、香取が”両さん”名義でCDリリースするドラマ主題歌「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(8月5日発売)の発売記念イベントが、東京・両国国技館で行われることが決定した。CDの初回盤に応募券が封入され、1万人が招待される予定だ。

 この主題歌、作詞作曲はかつて「慎吾ママのおはロック」も手がけた元ピチカート・ファイヴの小西康陽氏が担当。「明るくポップで、子供も楽しめる曲」になるそうで、香取も掛け声や合いの手をアドリブで連発するなど大張り切り。

 小中学生の親子連れを対象とした収録現場見学ツアー(既に申し込みは終了)や赤坂サカスでの「こち亀夏祭り」もスタート。派出所のセットの再現以外にも、ラムネの販売、ヨーヨーつりや射的などの下町らしいイベントなどが楽しめるようになっており、子供たちに人気を博している。また、19日には「踊る『こち亀』お台場大捜査線!?」と題し、湾岸署主催の交通安全教室にも出席。フジテレビのイベント「お台場合衆国」付近で「こち亀をよろしく!」とアピールする姿も見られ、話題を呼んだ。

 さらに、ドラマスタートと同時に、コラボパン「コッペパン」(税込110円)の発売も決定! コッペパンの中に黒みつ&マーガリンが挟み込まれた昔懐かしい味で、パッケージには両さんの象徴ともいえる太眉が描かれている。発売元は、これまでにTBSドラマとの数々のコラボパンを販売してきたおなじみのヤマザキ。『華麗なる一族』の「華麗パン」や『MR.BRAIN』の「脳トレパン」はいずれも発売初日で100万個以上という脅威の売り上げを記録しており、今回もミリオンヒットが期待されている。

 ビートたけし、加山雄三、西田敏行、宮藤官九郎、石原さとみ、観月ありさ、KAT-TUN・田口淳之介、オードリーなど豪華ゲスト陣が発表されるなど、放送前からとにかく話題に事欠かない『こち亀』。製作側の気合いも相当なものだが、予告VTRを見た視聴者からは「なんだ、あれ」「想像以上に安っぽいし、慎吾の表情も寒すぎ」との批判も続出。ただ、「あそこまでドタバタだと逆に見たくなるな」「ドリフ風で子供にはウケるかも」との意見もあり、結果は未知数。とにかく、初回の放送が楽しみだ。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』

「葛飾ラプソディー」好きでした

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 年下・中山優馬をライバル視する横山裕に「大人げない……」の声
【関連記事】 『宇宙戦艦ヤマト』主演(!?)のキムタク、「ある意味驚かせたい」
【関連記事】 番組制作者・マスコミ関係者に聞いた、仕事したくないジャニタレは?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク