結婚間近だったジャネット・ジャクソンが長年交際の恋人と破局!

JanetJackson.jpg
ワーオ! 素敵なおヒゲ

 ジャネット・ジャクソン(43)が、7年近く交際し、結婚も噂されていた音楽プロデューサーの、ジャーメイン・デュプリ(36)と破局したとUs Weekly誌が報じた。

 同誌にあるソースが語ったところによると、二人の友人が「二人の関係は完全に終わった」と話しているという。ジャネットの最近の二枚のアルバムに収録された楽曲をジャーメインがプロデュースするなど、公私に渡ってパートナーだった二人だが、ここ最近ずっと、それぞれ別の方向に向かって人生を歩んでいたそうだ。破局の原因について、ある別のソースはこう語っている。

「やはり、仕事とプライベートを一緒にはできなかったということ。ジャネットは、二人の生活の中で擦れ違いが多くなったことを感じ、別れることにしたのです」

 さらに、対照的な性格の二人だっただけに、結局ウマが合わなかったのだという意見も出ている。

「ジャーメインは社交的な性格で、パーティなどで人と触れ合うのが好き。でも、ジャネットはもっとシャイなんです(ジャネットは、前夫のレネ・エリゾンドと結婚し、9年間に渡り夫婦生活を送っていたことを、2000年に離婚するまで秘密にしていた)」。

 また、ジャネットは今も兄マイケルの死を嘆き悲しんでおり、ショックから立ち直っていないという。ジャクソン家の大黒柱である彼女は、マイケルの子供たちの世話などで多忙な日々を送っており、それも破局の原因ではないかと言われている。

 最新のマイケル関連ニュースだが、マイケルの埋葬場所を巡って家族間で意見が衝突しており、どこにするのか結論はまだ下されていないという。兄のジャーメイン・ジャクソンは、父や母が主張しているL.A.の墓地への埋葬に反対しており、

「マイケルは共同墓地に埋葬するべきじゃない。彼は世界を特別な場所にするために多大な貢献をした。マイケルは誰にも邪魔されない安全でスペシャルな場所に、一人だけで眠るべきだ。他の、生前は悪事を働いていたかもしれない善良ではない人たちの亡骸と一緒の場所に埋めるべきじゃない。彼はネヴァーランドで眠るべきだ」

と語っている。
(真里)

『ナッティ・プロフェッサー2/クランプ家の面々』

エディ・マーフィーの恋人役はハマってたよ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 元カノへ恨みあり!? 壊れ気味マリリン・マンソンが自傷行為を告白
【関連記事】 全米で大ブレイク中のセクシー女優、セックス・テープが流出!!
【関連記事】 「マイケルは生物学的な父親ではない」 マイケルの子供たちの母激白

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 他人の記事をパクるのはこんな人

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!