元「ELLE japon」編集者、マタニティショップオーナーが解説

アパレル業界の新金脈? マタニティウエアのブームの裏側を探る

aoki.jpg
マタニティ業界の立役者でもある青木愛さん

(前編はこちら)

――これまでマタニティラインを展開していなかったブランドが、新たに立ち上げています。セレクトショップだとシンゾーンやships、ブランドではX-girlのX-girl nextstage、Ne-net。アパレル業界全体が不況の中あえて新ラインを打ち出すからには、勝算があってのことだと思うのですが。

青木 マーケティングすればするほど、マタニティってビッグビジネスじゃないってわかるんです。ビジネス戦略に長ける大手企業であれば、まずマタニティは始めないと思います。それくらい難しい市場なんです。マーケットとしては、キッズウエアの4/1程度。キッズは0歳から6歳まで人口も市場もありますが、マタニティは臨月までしか着れませんからね。

 それに、少子化の現代において、子供には、パパとママ、それぞれの祖母と祖父のポケットからお金が出ることを6ポケットといいますが、でも、ママはそうはいかないですし、生まれてくる子供のために節約もしますので、マタニティで成功することは簡単ではないと思います。だから、ある程度市場に限界があって、その中で魅力的でないものが常に淘汰されていく。

 だから通常のビジネス感覚のある人だったら、マタニティは作らない。私もショップを立ち上げてから、そうなんだ、って気付いたことでもあるんですが(笑)。ですから、私も危機感は感じています。マタニティはアパレルの中で新金脈かもしれませんが、いきなり大成功するような新金脈かといわれると、どうかな? と思います。

――経済的勝算を見込んだものではないのですね。ファッション業界で働く女性自身が、妊娠と出産を経験することで携わるブランドにも影響が表れることもありますか?

青木 それはありますね。女性ならではのファッション目線がなければ作れないものですから。1972年にラップドレスをヒットさせたダイアン・フォン・ファステンバーグという女性デザイナーがいますが、彼女も数年前までマタニティを作っていました。布を巻きつけるだけの体に負担のないものを作れたのも、女性だからこそ。男性では、その発想はないかもしれません。

――青木さん自身も、出産を経験してマタニティを始めましたよね。

青木 NYで出産をしたときは、現地の妊婦さんがとてもファッショナブルにマタニティウエアを楽しんでいたんです。ところが帰国したら、こんなにオシャレな国なのに、妊婦さんが楽しく着られる服が少ないと感じました。ママになったからって、大人の自立した女性でなくなったわけじゃないですし、そんな「怒り」にも似た想いから私も始めました。

 ファッション業界でもマタニティは、日の目を浴びていませんでした。徐々に大きくなるお腹を隠すようなウエアではなく、美しく目立たせるものを着れば、自分のテンションもあがりますよね。妊娠、出産ってすごくハッピーな出来事です。ただ最近、ファッショニスタがマタニティを着なくなってきているので、これからはもっとファッショナブルなものを提案しないと、追いつかないと思ってます。だから本当に地道に頑張って行くしかないですね。

――テンションのあがるマタニティなら妊娠期間を楽しく過ごすことができますね。ありがとうございました。

 アパレル業界の第一線で活躍する女性が増え、彼女たちが妊娠・出産を迎えたとき、自分が着たい、オシャレだ、と思えるものがないことに気がついた。これまで業界の中でないがしろにされていたマタニティの再建というべき思想が、この流れの背景にあった。仕掛けたブームではないからこそ、これからも消えることなく育っていくことだろう。

青木愛(あおき・あい)
ファッション誌「La vie de 30ans」、「25ans」、「Vingtaine」で編集者として活躍の後、2003年に夫と共に渡米しNYの「ELLEgirl」で編集者として働く。04年に男児を出産。帰国後は「ELLE Japon」に所属。06年、VIRINA JAPAN INC.ヴィリーナ ジャパン(株)を設立し、オンラインショップでシカゴ、ロス、NYから買い付けたマタニティウエアを販売。現在二人の男の子のママ。

■ヴィリーナ ジャパン公式サイト

hotmama2.jpg

青木さん翻訳による伝説のマタニティ・バイブルが復刊!!
『hot mama ~私、妊婦ですが何か?』(講談社/1,050円)
カレン・サマンソン著 青木愛訳
妊娠期間も素敵に格好よく、セクシーでいたい女性に向けた一冊。著者カレンは、文学界のキャリー(『Sex and the City』の主人公)とも評されるほど、ユニークでウィットにとんだ文体が特徴。ツワリの対処法や、ヨガ、食生活のことなどを、テンポよく綴り、「妊婦ってこんなに楽しくてよかったの?!」と、嬉しい驚きを与えてくれる一冊です。

【関連記事】 妊婦ヌードで再起! hitomi、リア・ディゾンが狙う”ママタレ”市場
【関連記事】 ハーフブームももう終わり? 女子カルチャー衰退の要因を徹底分析!
【関連記事】 モデルに頼るな! 次代のキーワードは”男に媚びない”雑誌づくり

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク