[TVツッコミ道場]

「顔芸」を身につけますます芸人化が進む櫻井翔

shokun.jpg
アホちゃいまんねん、パーでんねん♪

 今回ツッコませていただくのは、メキメキとバラエティ能力を高めている嵐・櫻井翔。

 彼の能力が見事に発揮されたのが、7月9日放送の『ひみつの嵐ちゃん!』(TBS系列)だった。

 視聴率で苦戦している同番組では、次々と路線変更をしているが、このところ放送されている、5人のファッションセンスを競うコーナー「マネキンファイブ」や、女心がわからないダメ度を競うコーナー「モテ嵐ダメ嵐」はなかなかの高評価。

 そして、いずれも、バラエティ的な重要なオチを務めているのが、櫻井となっている。

 たとえば、「モテ嵐ダメ嵐」で女芸人からの「初デートどこに誘う?」という問いに、櫻井は無難に「映画」と回答。

 にもかかわらず、オセロ松嶋は他の全員の回答「散歩」「海」「食事」「野球観戦」を見た上で「一人サボりよった」と指摘。と、すかさず櫻井が立ち上がってキレ気味に叫ぶ。

「『一人サボッた』って誰ですか!?」

「おまえじゃ~~~!(怒)」

 正直、「映画はそんなに悪くないと思う」という声もネットでは多く見られたが、オチ担当の櫻井は、松嶋のフリを敏感に察知し、「お約束」のリアクションをとっていた。

 これ、顔はずいぶん違うけど、ダチョウ倶楽部の「押すなよ、押すなよ」(水に自分から落ちる芸)とかなり似た芸風である。

 その後も、ことごとくオチにされ、声を裏返してとびあがったり、涙目になったり……。

 さらに、お題に沿った服を着て、ゲストに選んでもらう「マネキンファイブ」では、過去2回最低の評価を得ている櫻井が、「海デート」にもかかわらず、「ポイントはストール」と暑苦しいツッコミどころを用意。

 この「ストール」を小道具にして、櫻井が見せた一連のコント(?)は実に秀逸だった。

 まずゲストに松嶋がストールの説明をすると、案の定の低評価。

「これ(ストール)、触れないで……」→(みんなに外せと言われ)「でも、これ(ストール)外したら、今回の俺のコンセプトが破たんする」→いったんストールを外すが、低評価→巻き直し、「俺はブレない!」と宣言→ゲストの眞鍋かをりが「小物は好きじゃない」と言うと、ストールを引っ張り、逆に首が締まってしまうオチ。

 ケチがつくたび、涙目になったり、笑い泣きの顔芸をしたりと、その豊かなリアクションはほとんど芸人のよう。

 これと似た芸をどこかで見たな……と思ったら、その前日、『はねるのトびら』~「女芸人”勝負メシ”バトル!」で、手料理のオムライスが男性たちにけなされるたび、失意を顔芸で笑いに変える北陽・虻川 美穂子だった。

 虻川の場合、司会・西野が、虻川の料理の試食前に必ずゲストに「正直に言っていいですよ」と”誘導”し、そこからボロクソ評価という流れになっていたけど……。

 これに近い「お約束」が、松嶋と櫻井の間も恒例になっているようで、これには「最高!」「面白い!」という声が多い一方で、一部ファンの間では、松嶋に対する嫉妬の声もあがっている。

 それにしても、高学歴キャスターの肩書きとは真逆に、思えば、『Dの嵐』あたりから、”運動オンチ”をネタに、徐々にテレビ番組でのオチの座を務めるようになってきた櫻井。

 バラエティ的なスキルのノビシロは、まだまだありそうだ。
(田幸和歌子)

『C×D×G no ARASHI! Vol.1 』

櫻井画伯の破壊力はつよぽん以上。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 あわや三角関係!? 櫻井翔が明かした、嵐のラブラブウラ話
【関連記事】 慶応出身の櫻井翔、熱があっても学校に行っていた日々を振り返る …
【関連記事】 すばるは俺に似てる!? あの芥川賞作家が関ジャニを大絶賛!

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「顔芸」を身につけますます芸人化が進む櫻井翔のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! TVツッコミ道場ひみつの嵐ちゃん!松嶋尚美櫻井翔のニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック