入江陵介が餌食!? 若手アスリートを狙う”飢えた”グラドルの恋事情

irieryosuke.jpg
アイドル並みのイケメンぶりで女性人気も非常に高い

 競馬界のニュースター・三浦皇成、19歳。貪欲三十路グラドル・ほしのあき、32歳。2人の熱愛スクープは、いろいろな意味で世間を騒がせた。

「ほしのは『単なるお友だち』を強調していますが、当然、鵜呑みにはできないですよね。なにか関係がなければ、河野さんがあそこまで激怒するはずがない」

 スポーツ紙の競馬担当記者が言う「河野さん」とは、三浦の師匠でもあるベテラン調教師の河野通文氏。写真週刊誌に件の記事が載った直後、東京競馬場の一室では、「女の味を覚えるのは百年早いっ!」と氏の怒声が響いていたとか。

 19歳男子と32歳プチ熟女。どちらが馬乗りになったとか、どんな調教があったとか、そういったことはひとまず置いて、三浦皇成とほしのあきの接近は、現在の芸能界の恋愛事情を如実に現しているという。

「今、グラドルって全然モテないんですよ。かつて、グラドルの恋のお相手といえば、人気芸人が妥当なセンでした。芸人側も、グラドルと付き合えれば、ひとまず”アガリ”だった。それが今では、お笑い業界全体が超モテ期で、ちょっとやそっとのグラドルじゃ、芸人も本気にならない。下手すると、カキタレ扱いでポイ捨てですよ」(構成作家)

 確かに、一時でも藤原紀香に愛された陣内智則を筆頭に、加藤ローサとの19歳差恋愛が噂される今田耕司、美人女優の夏川結衣と真剣交際するチュートリアル・徳井義実、元モー娘。藤本美貴が「すべてカワイイ」とベタ惚れする品川庄司の庄司智春など、ひと昔前なら「分不相応」と笑われるような相手をゲットする芸人が続出している。

「芸人がグラドルを相手にしなくなったのは、先輩芸人に睨まれるのを恐れて、という面もあります。以前、人気コンビNのO・TがグラドルのK・Yと噂になりましたが、報道後、Oはすぐに大物芸人S・Sのところへ出向いてワビを入れたそうです。K・Yのほうも、その後、一気に露出が減りましたよね」(前出・作家)

 彼女をプッシュしてきた大物芸人にしてみれば、体力的なディスアドバンテージを感じている分、「若い男に乗り換えるのか!」と激怒したくなるのは当然。トラブルに巻き込まれるのを避け、背後に大物芸人の陰がチラつくグラドルには、誰も手を出さなくなるのもまた当然だ。そうかといって、グラドルと俳優では、さらに縁遠い……。

 そんな逆境のなか、恋に飢えたグラドルたちが獲物として目をつけたのが、若手のスポーツ選手。素人同然にグラドルへの憧れを抱き、スポーツ漬けで恋愛経験も乏しいアスリートは、落としやすい相手ということだ。

「グラドル飲み会をすると、各自のイチオシを発表し合います(笑)。最近だと、水泳の入江陵介くんがダントツで、体操の内村航平くん、トランポリンの上村容弘くんあたりも人気度が高い。野球やサッカーなどのメジャーどころは、みんな視野から外しています。そのジャンルでは、女子アナには敵わないので(笑)。ただ、マイナーなスポーツだと金銭的な将来性が……。そういった意味でも、ほしのサンは巧いですよねぇ」(グラビア系タレント)

 前述の大物芸人にすり寄って出世したとも囁かれるほしのあきにとっては、これぐらいの計算はお手のものか。

 売り物になるほどのカラダを持ち、処世術にも長けたグラビアアイドル。彼女たちにかかれば、スポーツ男子の純粋な心と精力に満ちあふれた肉体などイチコロ?  入江陵介くん、狙われているらしいよ。逃げて、逃げて~!!

『101歳のアスリート』

経験豊富なアスリートはダメ?

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 いまさら”いい歳”言われても……三十路ほしのの熱愛騒動
【関連記事】 『肉食系女子の恋愛学』著者に聞く、「肉食系女子」の正体とは!?
【関連記事】 磯山さやかも興味津々? 小向美奈子、ストリップで復帰の舞台裏

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク