[女性誌速攻レビュー] 「an・an」2009年7月8日

『恋愛の成功って何?』クワバタオハラ・小原が嘆く! 「an・an」男特集

anan090708.jpg
「an・an」2009年7月8日/マガジンハウス

 山Pを表紙に据えた今週のan・anは、「男を見る目をとことん磨く!」、キャッチは「間違いのないチョイス、したいよね」。さらにタイトル周りには「もう間違えない!女子に幸せを呼ぶ、男の目利きになりましょう」。編集サイドに何かあったのか、と思うほど”間違い”オンパレード。そんなに間違いたくないなら、いま一番間違えた女・来栖あつこに語らせればいいんじゃないか? なんて気もしますが、とりあえず、間違いたくない女子代表の私が期待をこめて突入いたします。

<トピック>
◎良さも悩みもそれぞれです。草食と肉食、どっちと恋する?
◎過ちを繰り返さないために! ダメスパイラルからの生還術。
◎バーチャルデートプランで草と肉を徹底比較!

■浮気上等な上原美優と肉食の優木まおみ!
 優木まおみと上原美優がせきしろを挟んで、草食&肉食男子について語るページ。せきしろは、自己申告するまでもなく草食。上原に関しては目にあまる発言が多すぎたので抜粋。

「私は、男の人には野獣であってほしいな。野に放って、たとえ他の女と遊んできたとしても、私のところに帰ってきてくれればそれでいいんです」
「うちのお父さんは子だくさんの肉食系だし、実家の種子島では男が絶対という雰囲気。多少は浮気されても、女は黙ってついていくんです」

 こんなバカなことをいう女がいるから、世の中からつまみぐい男が消えないんです! 種子島には逃げ場がないだけなのに、浮気されてもついていくのが女、なんて言ってたら、ここ東京では簡単にだまされますよ。それにしても、種子島には上原父に種まきされた女がゴロゴロいそうですね。かたや、優木まおみとはいえば、

上原「寂しいときに、そばにいてくれる友達が男の子だったりするし。隣同士で寝ていても、何も起こりません」
優木「一緒の部屋に寝ていて何も起こらないなんて絶対変ですよ。その気がないならついてくるな! って感じ」

 上記発言はまごうことなく男目線。「ついてくるな!」って自分の部屋に連れ込む設定ですからね。さらには「もしかしたら好きになるかも? ぐらいの相手としてか二人きりでは会いません」と。すなわち、二人で会った時点でもう最後まで想定しているということですよ。どうすか、この肉食ぶり。優木のキャッチコピー”エロ賢い”はお飾りじゃなかったようです。

■「恋愛の成功って何?」クワバタオハラの小原の嘆き
 小原、熊田曜子、新見文(イラストレーターらしいっす)がダメ恋愛にまつわる対談を。まず、各々に書かれたプロフィールをご覧ください。

小原:最近、男の浮気が原因で破局。
熊田:彼氏に尽くしまくって、疲れてしまうのが悩み
新見:3人の中で唯一の離婚経験者

 見るからにダメ恋愛体質の熊田が普通のこと言ってるのが鼻につきますが、どれもだめんずな経歴。好きな人ができたら、とりあえず男友達に評判を聞くというイイ子ちゃん発言・熊田に対し、一応は友人に聞くもののダメ出しされると、「『ふたりでいるときのあの人の良さをあなたは知らないのに!』って心の中で思ってる」小原。ベタすぎるほどの典型的だめんずウォーカー発言です。

 「他人の彼氏を見る目は100点なんだけど、自分に関しては0点なの」という言葉にクワバタをそっと見続けてきた小原の悲しみが……。そして最後には、

小原「恋愛の成功って、何を指すのかわからへんよね。結婚が成功なわけでもないし、続くことが成功でもないでしょ?」
熊田「私は自分のことを好きといってくれる人と付き合えるようになりたいですね」
新見「私はまた結婚したい」

 と、女子特有の言いたいことだけを喋りあい、何の解決にもならないグダグダ状態のまま終わったのでした。

■草食VS肉食デート、あなたはDOCHI?
 五月女ケイ子画伯のイラストによる「バーチャルデートプランで草と肉を徹底比較!」。その名の通り草食と肉食のデートシュミレーションなんですが、読んでて断然イヤなのは草!

「来週あたりあいてる日があったりなかったりする?」というお誘いメールはまだしも、間がもたないと自分の好きな話しかしない、立ち位置にうるさい(歩いてるときに左右をかわって発言)、オーダーと違う料理がきても文句がいえない、私はビールであなたはウーロン茶、なんてホントに勘弁です。こんな去勢されたような男子が増えてるなんて、世も末……。こんなに草のイメージが悪くなる要素ばかり盛り込むなんて、担当者は草嫌いなんでしょう。

 以上、読んでみても、一向に男の目利きになれた気はしませんが、自分の過去の失敗とじっくり対峙することはできました。さて、こんだけ女子たちから過去の恥部を聞きだしのだから、最後はいよいよ救済法の登場! っと思いきや、締めはan・anお馴染みコメンテーター陣プレゼンツの”好みの男”であっけなく終了……。確かに入江陵介はかっこいいけども! 小原の嘆きにも耳を傾けてあげてほしかったです。がんばろう、小原。

『小さな恋のメロディ』

うっかり見ちゃうと泣きみるぜ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 相武紗季の過剰なスポンサー愛がみえた、「an・an」のすっぴん特集
【関連記事】 “コスパ”特集の「an・an」、見どころは上原美優の名言にあり
【関連記事】 肉食系女子の新バイブル「an・an」の 恋愛はいつも迷走気味?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク