[連載] だから直接聞いてみた

なか卯カレーの福神漬けは、なぜ取り放題じゃないんですか?

nakau.jpg
らっきょも欲しいっちゃあ、欲しい。photo by calium
from flickr

◎鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」

――知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を人気放送作家2人が直撃解決!

 以前はたいていの立ち食いそば屋が、刻みネギは取り放題だった気がする。立ち食いそばには、刻みネギがよく合う。普通のそば屋のそばを食べるときの倍のネギをのせ、大量の七味をかけて食べる。そんな食べ方が好きだった。だが、コストを抑えるためなのだろう。いつしかカウンターの上から刻みネギの姿は消えた。

 立ち食いそばの刻みネギはかなり減ってしまったが、ほかにも取り放題のものはある。「吉野家」であれば、紅しょうがだ。僕はあまり紅しょうがは食べないが、好きな人に言わせると、お持ち帰りのときの小袋では全然足りないそうだ。

 そういえば、ずいぶん前に読んだビンボー生活を描いたマンガで、「吉野家」でのささやかな贅沢は、牛丼の並とビールを頼み、まず肉をつまみにビールを飲み、最後、残った飯の上に紅しょうがを大量に乗せ、お茶をかけて食べること、という話があった。紅しょうが茶漬け。どんな味がするのだろうか。興味はあるが、試してみる勇気はない。

 カレーのチェーン店ならば、取り放題なのは福神漬けだ。この手の店でカレーを食べるときは、立ち食いそばの刻みネギと同じように、ついつい大量の福神漬けを使ってしまう。素カレーなるものがあったとしたら、それと福神漬けで十分ぐらいな量を使う。

 カレーを食べるのは、カレー専門のチェーン店だけではない。「なか卯」でもよく食べる。だが、ここで問題なのは、「なか卯」のカレーの場合、福神漬けがあらかじめのせられてくるのだ。それもごくごく少量。申し訳程度。なんというか、着エロにおける水着の布地ぐらいの量だ。

 とはいえ、「なか卯」が特別なケチではない。牛丼用の紅しょうがは取り放題だ。だが、カレーに紅しょうがは合わない。試してみたが、おいしくなかった。

 そこで なか卯営業支援部に直接聞いてみた。

『なぜなか卯のカレーの福神漬けは、牛丼の紅しょうがのように取り放題じゃないんですか?』

担当者 あの~、スペース的な面でですね、カウンターのですね。福神漬けを置くスペースが確保できないということなんですね。

──では、福神漬けを置くスペースが確保できれば、自由に取れるようにするということは考えているんですか?

担当者 そうですね。なので、検討していきたいと思います。

──ちなみに福神漬けのあの量っていうのは、モニタリングなどをして落ち着いたってことになるんですか?

担当者 商品開発部のほうで、そのような分量的なものは決めておりますので、あの量がベストということで、お出ししています。

──紅しょうがと福神漬けでは、コストが大きく違うということはないんですか?

担当者 そうですね、そんなには変わりませんね。

  なるほど。てっきり福神漬けのほうが紅しょうがよりもコストが高いため取り放題ではないのかと思ったら、そうではなかった。スペースの問題だったのか。

 それにしても、どんな人たちにモニタリング調査して、あの量に決まったのだろうか。よくあんな少量の福神漬けで満足したものだ。このあたりにもギモンは残るが、そこはこれ以上、追及しても仕方あるまい。営業支援部の言葉を信じよう。

  しかし、カウンターにスペースを確保するというのは、実際はかなり難しそうだ。実現するとしても、先のことになるだろう。だからそれまでの間、カレーの客にだけ福神漬けの入ったポットを渡すというサービスはできないものだろうか。ぜひとも営業支援部に、この点も検討してほしい。

山名宏和(やまな ひろかず)
1967年、東京にて誕生。放送作家。『行列ができる法律相談所』『ザ!鉄腕!DASH!!』(ともに日テレ系)などを手がける。

なか卯ハヤシビーフ20食

自宅で薬味を楽しむっていうのもアリっちゃあ、アリ。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 どん兵衛やU・F・Oは、なんでストレート麺にしちゃったんですか?
【関連記事】 ハッピーターンの味のバラつきって、なんとかなりませんか?
【関連記事】 かっぱえびせんの原材料の”えび”は、なにエビですか?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!