[連載] 水谷舞の合コン四季報

合コンにはバスで参加! 困窮するNECの誠実さに関心

mizutaniup.jpg
合コン必勝服の全身コーデ解説は文末で!

――元JALのCAで、合コンでお相手した企業は150社以上! の自称”合コン総研アナリスト”水谷が、実地調査(=合コン)をベースに上流メンズを辛口ジャッジ!

 通信設備事業では国内首位を誇り、連結従業員数15万6000人を擁する日本電気。しかし、いまや不況で社内は激震中。果たして、日本を代表するメーカーの行く末は?

 今回は、同社で商談支援や顧客の要望を技術部門にフィードバックするという重要な任務を背負うNECマン2人が登場。でもなんか、いつもと匂いが違う!?

 不況が直撃の製造業。今回は、そんな中から日本を代表するメーカー・日本電気(NEC)にスポットを当ててみましょう。

 今回の合コンスポットは、水谷がセレクト。広尾のオトナ系イタリアンで、2対2でスタートしました。さすがメーカー系系男子。NECの2人=N&E氏は、5分前に到着していたとのこと。しかも、「会社からバスで来ました。200円ですし」(N氏)と、ポツリ。

――メイド・イン・ジャパンが世界を席巻していた頃は「この堅実さこそ、強さの秘密」と言われていたのでしょうが、今となっては寂しい懐事情を露呈しているにすぎません。

 挨拶代わりに「友達の元彼がNECなんですよ。確か川崎事業所」と振ると、「あそこもどんどん縮小してるよ」と、E氏。

 「というか、会社全体がシュリンク(縮小)してるんだよね。工場閉鎖や事業売却のニュースは、僕らも新聞で知ることがほとんど。次に危ないのは、BIGLOBEだね」と続けます。

 合コンなのに、世知辛い会話ばかり。こちらから、景気のいい話をするしかありません。もう一人の女子メンバーを紹介します。

 「私の後輩CAの”ミス成田”ちゃんです。私が2期のミス。彼女は6期。仲良くしてね」というと、N&E氏は眼鏡に手をやり、天然記念物でも見るように我々を凝視。

 「こんな機会、一生に一度あるかないかだなー」と感慨深げです。この純朴さこそがメーカーの魅力。水谷は、合コン市場では希少性の高いメーカー系男子に、すっかり興味津々になり、「NECには、伝統的なコンパ芸とかないの?」と聞くと、「ないなー。合コン自体もないし。技術部門の人間なんか、絵に描いたようなアキバ系が多くて、生身の女性との会話は苦手。でも、自分の専門分野の質問を受けると、目を輝かせて答えてくれるよ」とN氏。

 「会社なのに趣味でプログラムつくっている奴がいて、画面をのぞかれないように段ボールをパーテーション代わりにしていたり。オイニーがきつい男の隣の女性は、空気清浄機を置いているよ」とE氏……合コン市場で見かけないはずです。

「そもそも社名が日本電気という堅さだからね(苦笑)。合コンでも営業でも、ごますりは得意じゃない。もっと汚らわしい部分もないとね。ソニーはそこらへんうまいよ」というN氏の言葉に、「電気で照らされているから、不正はできないですよね」と、おやじギャグで返す水谷。

 それにマジメに頷く2人……。そんな2人が、最高潮に盛り上がったのが、水谷が何げなくケータイをバッグから取り出したときです。

「おっ、折りたたみ式だね。その開閉部分にNECは特許を持ってたんだ。技術者のこだわりが強くてね」「××機能ある?」「ワンセグついてる?」「うお〜、この部分のつくりが一緒だ!」と、はしゃぎだす2人。

 そんな彼らを挑発したくなり、「でもパソコンは、パナのLet’s noteを愛用してます」と話すと、「うちのUltra Liteのほうが軽い。2グラムだけど」とN氏。そのアツさに水谷が思わず吹き出すと、「1グラム削るのにどれくらいしのぎを削っているか……それこそ技術力の結晶なんだよ」と猛反論。

 合コンでは、D社のように下ネタに食いつく代理店もある一方で、メカネタに食いつく会社もあるんだなと感心しきり。アナリストとして、大変勉強になりました。

 色気が皆無の合コンついでに、NECの野望についても聞くと、「海外での事業展開だね。欧米に日本人の職人魂、NECの技術力を再びアピールしたい。うちらは、安さだけが売りのHPやDELLとは違うんだ!」(N&E氏)

 そう、今期は3000億円近くの赤字が見込まれるものの、日本が誇る技術力とAKIBAイズムで世界に再び日本を知らしめてください。

mizutanizensin.jpg

◎合コンメンズ判定★★★☆☆
合コンの場で、女性を前に、会社の窮状をペラペラ素直にしゃべってしまうあたり、裏表のない誠実な人柄がうかがえます。「給料は安いけど、仕事は楽しいよ」との言葉通り、子どものように目を輝かせて自社の技術についてしゃべるときの姿はピュアそのもの! デートはバスで、贅沢は厳禁!! 物足りなさを感じることは否めませんが、それでも、結婚したときには、サザエさん一家のような温かい家庭が築けそう。今後、金融市場も安定して、内需も復活し、リストラの危険性がなくなったら狙いたい銘柄ということで、今回は★3つを進呈します!

◎今月の合コン必勝服
シャイでオクテの電気メーカー君には、ヒョウ柄でリードするのが効果的。派手な海外ブランドは封印して「アナタのお給料で慎ましく暮らせます」アピールを。

水谷 舞(みずたに・まい)
大学卒業後、日本航空入社。NY、パリ、ミラノ便など、国際線ビジネス、ファーストクラスを中心に約5年間乗務。現在はレポーター、女優業の傍ら、「合コンは最高のエンターテインメント」をモットーに、”合コン総研アナリスト”として活躍中。公式ブログ「MY FAVORITE THINGS」も随時更新中。

<バックナンバー>
【第1回】マンガのような口説き方に見る、ゴールドマン・サックス男の真髄
【第2回】無形文化財に指定したい! 電通マンの完成されたおバカ芸
【第3回】仕事で鍛えられた連係プレー! 住商マンは芸人並みの盛り上げ上手
【第4回】因縁の再試合、いよいよ本性を現した電通マンの下ネタ暴走ぶり!
【第5回】合コンでも”真面目”がウリ! エーザイのうぶさに胸キュン♪
【第6回】激務ゆえに変態気質!? 生々しい発言が飛び交う、産婦人科医合コン
【第7回】随所に感じるケチケチ具合! 住友信託、色気なしの合コントーク
【第8回】一見ホスト風でも、中身は紳士! クレディ・スイスの優雅な合コンタイム
【第9回】 激しい口説きバトルが勃発! プルデンシャル生命の剛腕合コン

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!