マドンナには程遠い? サラ・ジェシカ・パーカーの激安トレーニング術

sex-and-the-city03.jpg
安上がりすぎてちょっぴりガッカリ

 劇場版『セックス・アンド・ザ・シティ』の続編が制作段階のサラ・ジェシカ・パーカーは現在『Did You Hear About the Morgans? (訳:モーガン家のこと、聞いた?)』をニューヨークで撮影中。

 この映画はヒュー・グラントとの共演で、別居中の夫婦が殺人事件を目撃し、証言者保護プログラムによってワイオミングの片田舎に転居させられるという筋書きのコメディ。アメリカでは12月11日公開、日本での公開は未定となっている。

 大人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』ではNY在住のセックスコラムニスト・キャリーを演じた彼女。「スポーツクラブには通いたくない」というキャリーのセリフ通り、ニューヨーカーの好きなジョギングをする姿などは一切出て来なかったが、実生活ではジョギングをしていたようで、NY市内のウェスト・ビレッジをジョギングする姿が目撃されている。

 さすがはスター、44歳の彼女はスリムで腕もかなり鍛えられているが、辛口のゴシップ・ブロガー、ペレス・ヒルトンは「悪くはないがマドンナにはほど遠い」とばっさり。

 マドンナは専属トレーナー付き、ダンスもヨガも長年訓練を積んでおり、ダンスもブリトニー・スピアーズなどより実力は上だし、ヨガはかなりのハイレベルで、映画『2番目に幸せなこと』(邦題)ではヨガのインストラクター役を演じて難易度の高いポーズを披露したほどだ。体作りにかける費用はハンパではない。

 そんな、ほとんどトレーニングオタクのマドンナとサラを比べるのはちょっとカワイソウだが、安上がり(走るだけならタダ)のトレーニング法のサラが「マドンナにはほど遠い」のは当たり前。

 ニューヨークには高級スポーツクラブもたくさんあるし、スターなら自宅にトレーニングルームを作る事も出来るだろうに、わざわざセントラルパークとかハドソン川沿いとか人目に付く街中でジョギングをするスターが多いのが不思議と言えば不思議。

 それにしてもサラはiPodにサングラス、手にはどうもチョコレート系のドリンク。いいんでしょうか、シェイプアップしなきゃいけない時にそんな物飲んでいて。

スーパーマックスターボ (サウナベルト機能搭載)

萩原流行が愛用らしいよ

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 セックスシーンの足りない映画版SATCに、強力な助っ人が登場!?
【関連記事】 マドンナ、年下モデルに大金をつぎ込むも思い通りには行かず!?
【関連記事】 年下の恋人と熱愛中のマドンナに、元夫のキツ~イ一言

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー