泥沼の疑似夫婦関係が影響? ローリン・ヒルがツアーキャンセル!

LaurynHill.jpg
ダメ男との恋ほど燃えるのよね~

 90年代の洋楽シーンに大きな影響を与えたフージーズのメンバー、ローリン・ヒルが、復活の足がかりとして参加する予定だったストックホルム・ジャズ・フェスティバルと、今夏に予定されていたスウェーデン、ギリシャ、オランダ、ポーランド、ドイツ、イタリア、フランス、オーストリアを回るヨーロッパ・ツアーを全てキャンセルしたことが明らかになった。

 フェスティバル主催組織は「健康上の問題がキャンセルの理由」と発表してるが、過去10年ほど奇行ばかりが話題となっているローリンだけに、メディアやファンは冷ややかな反応を見せている。

 フージーズのボーカルとして大活躍したローリンは、1998年にリリースしたソロアルバム『The Miseducation of Lauryn Hill』が世界的にヒットし、グラミー賞では女性アーティスト史上最多の5部門を制覇。女王とよばれるようになった

 しかし、私生活は不安定だったとされており、1997年にボブ・マーリーの息子で元フットボール選手のローアン・マーリーと不倫し、翌年第一子を出産。妻と離婚していないローアンを「夫」と呼ぶローリンは現在まで5人の子供を出産しており「私たちはスピリチャルなレベルで常に一緒」と公言している。

 このような生活がローリンに負の影響を与えているとされ、ライブには遅れる、やっと来たと思えば「自分を見て欲しくないから」とライブで観客全員後ろを向くよう指示したり、声が出ないからと途中で帰ってしまったりとファンから総すかんをくらっていた。

 2007年には8年ぶりの来日を果たしているものの、ライブには2時間以上遅れて登場。良くいえばハスキー、悪くいえば酒やけした声で、これまでのヒット曲をアレンジしまくり歌い上げ評価は賛否両論だった。

 多くのファンが離れていったとされるローリンだが、復活を願うロイヤルなファンもまだまだいる。2004年から「制作中」とされている新アルバムのリリースを願い活動をしているファンも少なくない。

 ローリンが完全復活する日は、果たして来るのだろうか。

『だれでも一度は、処女だった。』

5人産んだローリン姉さんだって

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】ビヨンセが歌えない!? ひどい歌声がユーチューブに出回る
【関連記事】ケイト・モスの元カレ、薬物使用でまたまた逮捕
【関連記事】変死のD・キャラダイン、元妻が語った「性的倒錯者」書類が流出

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと