今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

いまさら”いい歳”言われても……三十路ほしのの熱愛騒動

hoshino.jpg
『ほしのツアーズ』ほしのあき/ビデオメーカー

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎見当違いの怒りの矛先
三十路グラビアアイドル・ほしのあき、19歳の競馬騎手と交際。ま、かなり歳下の男だなとは思ったけど、別に幼児にイタズラしたわけじゃなし。「いい歳して子供相手にデカデカとスクープされる気遣いのなさ。呆れてものが言えません」って、騎手の恩師、ちょっと気色ばみすぎ。ここまで唐突にボルテージ高いのってヘンだ。もしかして、熱狂的なほしのあきファンだったんだろうか。

◎”織田裕二まつり”が開幕
いい歳してといえば織田裕二である。主演映画『アマルフィ~女神の報酬~』では「シリアスでカッコいいオレ」全開バリバリ。若手もびっくりの前に前に感がうっとうしい。なんか当初はこの映画、「織田裕二と福山雅治、夢の競演」みたいな感じで伝わってなかったっけ。でもフタを開けてみれば織田裕二まつり。最近携帯で『アマルフィ ビギンズ』とかいう、主人公の隠された過去のドラマの配信サービスが始まったのだが、またこれが。まつりばやしが大音量で聞こえてくるばかりで、人がとんと集まって来ない。こういうスピンオフ企画って、本篇公開後に人気が出て初めて動き出すもんだろうに。単なる勇み足ならほっとけばいいんだが、スピンオフの存在を見せておくことで、本篇も人気あるように見せようという、あざとい水増し作戦のニオイがする。こういうのにスコンと持ってかれる人っているからなあ。気をしっかり持って生きて行きたいものである。

◎本家はCDデビュー済み
騒動以来初めて、映画の記者会見で報道陣の前に顔を出した柳楽優弥。太ってた。それを指摘されると、10キロ増をあっさり告白。「太った自分を見てみたかった」そうな。なんか、騒動前は、柳楽優弥って窪塚洋介になるもんだと思ってたのだが、内外含めてのこのふてぶてしさ、落合福嗣くんに急きょ行先変更だ。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
名実ともにハリウッドスター、ジョシュ・ハートネットの”レベル”とは?
届かぬ境地へ……YOSHIKIの”謎”が自伝で解禁
釈由美子、過去の姿を写す”禁断の鏡”が登場



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

いまさら”いい歳”言われても……三十路ほしのの熱愛騒動のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ほしのあき柳楽優弥織田裕二週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!