演出・脚本まで手がける!? 嵐・二宮の主演舞台はチケット争奪戦

ninomiyakazunari03.jpg
舞台でもにのスマイルを見せてね

 連続ドラマ『流星の絆』(TBS)、スペシャルドラマ『DOOR TO DOOR』(TBS)の演技で第46回ギャラクシー賞個人賞を受賞し、俳優としての地位を盤石なものとしつつある嵐・二宮和也。現在は、スペシャルドラマ『天国で君に逢えたら』(TBS)の撮影に入っているのだが、そんななか、4年ぶりとなる主演舞台『見知らぬ乗客』の上演が決定した。


 7月18日~8月11日と約1カ月間にわたる公演で、会場は東京グローブ座。現在、ファンクラブ会員にのみ先行で案内が届いている状態だが、定員約700名の劇場にファンが殺到するのは必至。それを見越してか、申込についても「1名義1公演のみ」「同行者も嵐ファンクラブ会員限定」「1公演4名まで申し込めるが、同行者と代表者を入れ替えての応募は無効」と、厳しい条件がずらりと並んでいる。これは毎年、チケット争奪戦がくりひろげられる、ジャニーズカウントダウンコンサートと同じ方式。正直、二宮レベルなら、もう少し大きな劇場でもじゅうぶん集客が見込めると思うのだが……。

「まだ噂レベルなのですが、今回の舞台では二宮本人が演出か脚本に初挑戦するのではないかと言われています。もともと二宮はデビュー前から、俳優よりもスタッフ側に興味を持ち、渡米して勉強したいと考えていた時期もあったほど。蜷川幸雄やクリント・イーストウッドなど名だたる巨匠との仕事を経験し、さらに刺激を受けているはずです。今回は初演出での力試しということで、グローブ座公演が採用されたのかもしれません」(事情通)

 嵐の結成10周年を迎えるにあたり、今年初頭には「今になって自分の希望をある程度言えるようになった」と発言していた二宮。それが初演出というかたちで開花するのだろうか。続報を楽しみに待ちたい。

『拝啓、父上様 』DVD-BOX

倉本聰もニノを絶賛。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 恋人・長澤まさみが浮気!? 二宮和也が衝撃の経験談を語る
【関連記事】 二宮和也の感動ドラマ、視聴率はイマイチでも専門家は大絶賛
【関連記事】 二宮和也、「セリフよりまずスタッフの名前覚える」独自の演技論

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク