エビちゃん、親も使って囲い込みプロポーズ大作戦!?

ebichann.gif
モテ系のエビちゃんももう今年で三十路……

 モデルの蛯原友里とヒップホップグループ「RIP SLYME」のILMARI(イルマリ)の交際が発覚した。2人はエビちゃんの実家近くの青島神社(宮崎市)での”参拝デート”の様子を29日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)に報じられている。

 関係者によると、4月ごろから交際をスタート。実はILMARIは04年から女優の野波麻帆と交際しており、2年前に同棲を始め、結婚秒読みと言われていたが……?

「エビちゃんが原因の破局ではないみたいですよ。以前から2人は友達同士で、今年の初めにILUMARIが野波と破局してから単に一緒に遊べる時間が出来た、という。友達として交際していくうちに恋愛関係になったみたいです。モデルの岩堀せりとGLAYのTAKURO夫婦の例もあるし、ミュージシャンとモデル交流は盛んだそうです」(スポーツ紙記者)

 エビちゃんといえば昨秋、バスケットボール選手との熱愛が報じられたが完全否定。だがその一方で、「今は彼氏はいないけど、早く結婚したい」と、臆面もなく29歳女性のリアルな心境を告白していた。強い結婚願望をのぞかせていただけに今回のIRUMALIの破局は渡りに船だったということか。

「確かに、野波との破局報道からエビちゃんの登場まで、すごいスピードだったと思います。しかも今回の報道は2人きりでなく、蛯原の母と妹夫婦も同伴していましたからね。もう親公認でしょう? しかも縁結びの神様として観光名所になっている場所で。エビちゃんは前から狙っていたのかもしれないですね(笑)」(前同)

 「AneCan」といえば20代から30代向けのファッション誌。読者的に、今回の熱愛騒動にも関心が高そうだが……。

「『VOGUE』や『ELLE』などのモード雑誌のモデルならば結婚していなくともいいかもしれませんが、エビちゃんは今年30歳。今のままでは結婚をリアルに意識する年代の『AneCan』の読者の共感は得られないですよ。だって彼女は『CanCam』からずっと”カワイイ系””めちゃモテ系””職場の花”的なイメージで一般読者の支持を得てきたモデルです。いずれは結婚しないとイメージが破綻する可能性が高い」(ファッション誌編集者)

 エビちゃんの所属事務所は2人の関係について「仲の良い友達の1人と聞いています」とのことだが、”めちゃモテOL”モデルも水面下では必死に足をバタつかせているようだ。

『特命係長 只野仁 サード・シーズン』

「特命」にまで出ちゃう芸の幅(棒読み)

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “エビちゃん”封印!? AneCan版・蛯原友里の新境地とは
【関連記事】 卒業……そして伝説へ!? エビちゃんファイナル!
【関連記事】 疑惑の顔を持つ女「押切もえ」は、天然ブスのよき理解者!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー