[TVツッコミ道場]

ROOKIES、フレンドパークで自慢のチームワークが発揮されず!?

rookies01.jpg
前夜祭では泣いちゃうほど仲良し☆『ROOKIES-卒業-
公式HPより

 今回ツッコませていただくのは、5月28日に放送された『関口宏の東京フレンドパークIIスペシャル』(TBS系)。

 ゲストは映画公開にあたり、5月30日までにテレビ”85番組 91時間26分”、”雑誌170媒体”(30日放送の特番で公表)と、一部報道で「過剰宣伝」と批判の声もあがっているほどの驚異的なプロモーションの真っ只中の、『ROOKIES』のニコガク野球部11人だった。

 「ROOKIES」に期待してしまうのは、「若い」「勢い」「仲間同士の絆」、そして何より「チームワーク」だろう。

 ところが、その肝心の「チームワーク」が、なかなか発揮されない。

 壁に飛びつく「ウォールクラッシュ」では、11人のうち佐藤健・中尾明慶の二人のみがクリアとなり、「思ったより(点数が)取れませんでしたね」と関口宏はやや不満げな感想。

 続いて、ボールがころがってくる「ネヴァーワイプアウト」でも、ひたすら失敗が繰り返され、とうとう全滅……。

 関口宏が苛立ったのか、こんな苦言を呈していた。

「ちょっと気づいたこと。大勢さん、誰かがやってくれるよという気持ちが出てきてる。『俺が取る!』という気持ちがないと」

 これ、ちゃんと練習しないでダベッてばかりいる「仲良し部活動」において、顧問の先生がよくキレて言うセリフである。

 そして、4人1組で行うゲームではチャレンジ中のチームがプレイについて反省する間、他のメンバーたちは自分たちの作戦会議のためか、背を向けて私語。

 渡辺正行に「ほら、聞いてろよ!」と怒られていた。

 さらに皮肉なのは、次の個人ゲーム「アーケード8」。各自が担当を決め、8種のゲームにチャレンジするというものだが、それまでチームプレイでことごとく失敗していた彼らが、個人競技になると俄然冴えを見せ、次々にクリアしてしまったのである。

 しかも他のメンバーたちが活躍していく中、毎度失敗してストッパーになってしまうのは、「エース」市原隼人と「監督」佐藤隆太ばかり。

 特に市原は、「渋い男!」「エース!」と周りに盛り上げられながら、熱いまなざしと真剣すぎる表情・気迫で、かすりもしないほどの失敗を重ねていった。

 これには2ちゃんねる実況で「エース、運動神経なすぎwww」などの声が多数出ていたほど。

 これが三枚目役のメンバーだったら、「またお前かよ!(笑)」というツッコミが入り、空気も和やかになるところだが、よりによってエース。しかも、二枚目で、本人もあまりに真剣に熱く挑んでいるだけに、誰もツッコむことも責めることもできない。

 だが、そんなチームが一つにまとまったのは、最後の「ダーツ」の瞬間。

 それまで失敗ばかりしていたエース・市原が、チームメイト・中尾明慶のお母さんの希望商品「液晶テレビ」をゲットし、周りの空気もホッとゆるんだ。

 それは長いエースが不調を抜け、チームに活気が戻ったかに見えた瞬間だった。あとは監督のみ、という展開。ところが、最後に待っていたのは、「感動」ではなく、見事なオチだった。

 なんと視聴者プレゼントとして、監督・佐藤が射ぬいてしまったのは、よりによって桐谷健太の希望商品「チベット自分探しの旅」。しかも、当たったのは、60歳の女性!

 『ROOKIES』のメンバーは、チームワークはいま一つだけど、「笑い」はよく分かってます。
(田幸和歌子)

『ROOKIES裏BOX』

ほとんどが高校生に見えない、というのは禁句。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 宮崎あおい、夫の浮気で離婚秒読みへ!?
【関連記事】 『ルーキーズ』ラストシーンに登場した”謎の学ラン姿の男”の正体 …
【関連記事】 エビちゃん、親も使って囲い込みプロポーズ大作戦!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク