[連載] 水谷舞の合コン四季報

一見ホスト風でも、中身は紳士! クレディ・スイスの優雅な合コンタイム

mizutanimai0614.jpg
“合コン総研アナリスト”水谷舞がお送りします

――元JALのCAで、合コンでお相手した企業は150社以上! の自称”合コン総研アナリスト”水谷が、実地調査(=合コン)をベースに上流メンズを辛口ジャッジ!

 昨今の金融大混乱で投資マネーは急激に縮小し、外資証券マンに一時の勢いは見られないものの、年収2,000万円超プレーヤーは依然健在! 今回はそんな大量リストラの荒波を乗り越えてきた、精鋭達の魅力に迫ります。お相手はスイス・チューリヒに本社を置く大手銀行、クレディ・スイス。日ごろ、金融市場の第一線で会社業績を分析する優秀な調査部アナリスト達は、合コン総研では一体どのように評価されてしまうのでしょうか!?

 今春発売された、水谷の他誌特集記事「四季報ランキング」。これをたまたま読んだクレディ・スイスマンの知り合いから、「うちの合コン四季報調査をしてほしい」と数年ぶりに電話連絡がありました。自ら査定を依頼してくるとは、金融混乱を生き延びて逞しさが増した外資証券マンの自信と余裕が伺えます。合コン総研、水谷舞の出勤です!!

 今回は3対3、西麻布のオシャレ系もつ鍋屋でスタート。

「いや~久しぶり! 水谷さんが現役CAだった頃以来の再会だよね」
「2年前の西麻布でのシャンパン合コンは楽しかったね! それよりA君、日焼けしたんじゃない? まだ3月なのに」
「シンガポール出張の帰りに、会社に内緒でバリに寄ってサーフィンしてたんだ。短パン、ビーサンでビジネスクラスに乗ってたら、バッタリ上司に遭遇してヤバかったよ」

  と松崎しげる並みの黒い肌に白い歯でスマイルのA氏。シャツは第2ボタンまでガバッと開いて、スーツの袖口にはシルバーのブレスレット。ここは六本木のホストクラブ!? 国内メーカー君とはおよそ対極にある、ド派手なルックスです。

 「このお店落ち着いていていいね」と、水谷がもつ鍋にしては高級モダンな内装の店を評価すると、「ザガットサーベイ(著名なグルメガイド)、クレディ・スイス版の中から選んだんだ」と得意気に話してくれたのは、銀縁メガネがいかにもインテリ風な27歳京大卒の若手営業マン・B氏。

「ええ~! 会社がグルメガイド出版しているの?」

「会社が儲かっている時のみの刊行で、オールカラーページだよ。接待用、デートの店はここからチョイスするんだ。ちなみにバークレイズキャピタル(ロンドンに本拠を置く国際金融グループ)は、毎週金曜日にアイスクリームデイってのがあるし、UBS(スイスに本拠を置く世界有数の金融グループ)はBeer&Pizza Dayがあるよ」

 と上質な光沢グレースーツを着こなす売れっ子金融アナリストのC氏が、解説を添えてくれました。さすが欧州系証券会社は優雅です!

 そんなゴージャスな印象とは裏腹に、合コンの流れはどこかまったりとした雰囲気で進んでいきました。終盤に差し掛かってもコレといった派手な盛り上がりはないのですが、しかし彼らは確実に、ジワジワと株価上昇作戦を実行してきます。

 女性の空いたお皿にたえず料理をよそってくれたり、お酒の飲めない水谷には、何も言わなくても自動的にウーロン茶を差し出したりと、実にさりげなくスマートな気遣い。

 「第一回のGS(ゴールドマン・サックス)記事は痛快だったね~。鋭いトコ突いているよ。ウチはどんなイメージになるのかな?」などと、水谷を大袈裟に誉めたたえた上でこちらの表情を気にしてソワソワして見せ、相手のプライドを巧妙にくすぐってきます。

「二次会はどうする? 舞ちゃんはお酒飲めないんだよね。ケーキとコーヒーの美味しいお店があるんだけどどうかな?」

 水谷は終始、「ええ」とか「まぁ」とかにこやかにうなずいているだけで、彼らが万事うまくリードしてくれるので、すっかり上機嫌になってしまいました!

 終わってみると、クレディ・スイスマンは米系大手のGSほど「オレがオレが」の自慢話もなく、女性を気分良くもてなしてくれる天才たちでした。全員とも一見風貌はホスト風ですが、ドリンク・フード追加にも気配りが出来て、かゆいところにも手の届くスマートなレディファーストぶりを発揮しています。中世ヨーローッパの騎士道精神に根差したクレディ・スイスマンの生き方は、女性に積極的にアタックできない草食系男子にも希望の光をもたらすでしょう。

合コンメンズ判定 ★★★★☆
女性を立ててお姫様扱いしてくれる健気な草食系男子も案外魅力的♪と気付かせてくれた今回の合コンは、非常に有意義でした。「女に生まれてきて良かった」と思わせてくれる、クレディスイスマンの紳士的な振る舞いにグラリ。
一緒にいると癒されそうです。年収も米系大手証券ほどでなくても、外資系としては十分な範囲。パーフェクトで★5つ!……といきたいところですが、相手は企業分析のプロ中のプロ! 高評価を意識して、巧みな情報操作を行った疑いもなきにしもあらず。という訳で今回は、★4つを進呈しま~す!

水谷 舞(みずたに・まい)
大学卒業後、日本航空入社。NY、パリ、ミラノ便など、国際線ビジネス、ファーストクラスを中心に約5年間乗務。現在はレポーター、女優業の傍ら、「合コンは最高のエンターテインメント」をモットーに、”合コン総研アナリスト”として活躍中。公式ブログ「MY FAVORITE THINGS」も随時更新中。

<バックナンバー>
【第1回】マンガのような口説き方に見る、ゴールドマン・サックス男の真髄
【第2回】無形文化財に指定したい! 電通マンの完成されたおバカ芸
【第3回】仕事で鍛えられた連係プレー! 住商マンは芸人並みの盛り上げ上手
【第4回】因縁の再試合、いよいよ本性を現した電通マンの下ネタ暴走ぶり!
【第5回】合コンでも”真面目”がウリ! エーザイのうぶさに胸キュン♪
【第6回】激務ゆえに変態気質!? 生々しい発言が飛び交う、産婦人科医合コン
【第7回】随所に感じるケチケチ具合! 住友信託、色気なしの合コントーク

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー