[連載]亀井百合子の「オシャレな女に憧れて」

友近やはるな愛まで! 有名人の公開ダイエットにはもううんざり

harunaaiai.jpg
このころはまだ痩せていた気が……

 今度は、はるな愛がダイエットするそうである。女性タレントの公開ダイエットにはもううんざりだ。しかし、この”うんざり”は、3周くらい過ぎないとテレビ・広告業界には伝わらないので、今年いっぱいはまだまだうんざりさせられそうだ。それを考えると、またうんざりする。

 これまで行われた女性タレントの主な公開ダイエットは以下の通り(タレント名/実施年/企画主催者)。

・青木さやか(2005年/テレビ朝日系『ロンドンハーツ』)
・misono(2006年/たかの友梨×avex×EAST)
・くわばたりえ(2008年/『コアリズム』のDVD販売元エクサボディ)
・森三中(2008年/TBS系『ドリームプレス社』)
(※ドリームプレス社では、他に近藤春菜、まちゃまちゃ、森公美子もダイエット)
・友近(2009年/DHC)
・磯山さやか(2009年/『コアリズム』のDVD販売元エクサボディ)
・はるな愛(2009年/たかの友梨 ※過去に日本テレビ系『おネエMANS』などでもダイエット経験あり)

 misonoや磯山さやかなど例外はあるが、基本的にはいわゆるお笑い芸人の”体を張った芸”のひとつとしてダイエットが行われている。共通して根底にあるのは「女芸人=デブ・ブス=身近な存在」というステレオタイプなキャラ設定である。

 しかし、上記の例を見て分かるように彼女たちのダイエットは、テレビ局やエステサロンでその他の企画で行われており、言ってみれば金儲けのためのダイエットである。痩せて儲かる。そんな恵まれたダイエットは、一般人のダイエットにはあり得ない。キレイになりたい(→痩せてもブスはブス)、かわいい洋服が着たい(→単なる自己満足)、そしてモテたい(→笑)、というファンタジックでミラクルなモチベーションとはまったく異なるのだ。

 クライアントさんのために、事務所のために、ファンのために、そして芸能人として生き残るために……そんな重~いものを背負って減量に励んだダイエット芸人をして「こんな私でもできた」という熱い精神論を喧伝するのはやめてほしい。一般人にはあまりに参考にならない。特にくわばたりえ、語りすぎ。

「いつも三日坊主やったけど 頑張ればできるやん!ってホンマに勉強になった」(くわばたりえオフィシャルブログ「やせる思い」)
「見た目だけでなく、心も変わったかも。断言できます、いいことづくめ!」(くわばたりえ「コアリズム典型的日本人体型脱出プロジェクト」)

 ちなみに、くわばたは、つけるだけで痩せられるという「お腹ぶるぶるベルト」を3年ほど前に買ったが、続かなかったという。では、なぜコアリズムは続いたのか。「正直 企画やから続いたかもしらんけど 企画が終わった今でもコアリズムやってるやん? 多分 楽して痩せたいって考えてる時点で痩せられへんねんっ お腹ぶるぶるベルトは楽して痩せられる! 続ければ必ず! でもベルト付けるだけやのに面倒臭くなるねんなぁ~ 根本的に楽したい考えやから あまい自分がさらにあまくなるねんなぁ…」とのこと。いちいち語ってますなあ。

 そりゃ、精神論を持ち出したくなる気持ちも分かる。ダイエットや運動をすると、つい自分がネクストステージに立った気になるものだ。それに「一生懸命努力した」というストーリーを抜きにすると、「楽して痩せた」「楽してキレイになった」と勘違いされる恐れがある。女性はみな楽して痩せたいと願っているが、楽して痩せた他人に対しては厳しい。反面、努力した人にはやさしいものだ。単純だ。だから、ダイエットだけでなくこれから整形する女性タレントも、ブログで整形日記を公開すればよい。そこで整形の苦労努力、悲喜こもごもを熱く語り、ファンの相談に親身に乗れば、「2ちゃんねる」で「整形豊胸」などと叩かれないで済むはず。「整形って楽してキレイになれるわけやないねんっ」「痛いと思ったけど 頑張れば耐えられるやん!」とかなんとか、別に関西弁でなくていいんやけど、書けばいいやんっ!

 まあ、整形の話はおいといて、とにかく、有名人のダイエット企画にだまされて踊らされるほどバカなものはないということは肝に銘じておいた方がいい。ほんと、アホだよ、バーカだよ。夏が近づいてきたからといって、慌てて痩せようとして何になるのだ。痩せてもイイコトなんか起きやしない。痩せてキレイになれるというのは幻想だ。そうだ、そうだ、そうなのだ! わかってる、わかっちゃいるけど。

 ……「コアリズム」、今さらポチったバカがここに(涙)。

(亀井百合子)

亀井百合子(かめい・ゆりこ)
1973年、東京都の隣の県生まれ。編集プロダクション勤務を経てフリーランスライターに。ファッション誌やカルチャー誌のライター、アパレルブランドのコピーライターとして活動中。

『コアリズム 7日間ダイエットプログラム』

「くわばた出しゃばりすぎ!」とは杉本姉さんの心の声。

amazon_associate_logo.jpg

【バックナンバー】
・ベッキーと野村克也監督の本を読んで、人間について考えてみた
・白ビキニはCG!? 「浜崎あゆみ」というアートの行く末は……
・林真理子のエッセイは”勘違いダイエッター”のバイブルである

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに