リアーナの過激ヌード写真が流出! 元恋人クリスは関与を否定

rihanna1.jpg
仲良かったころの二人。ヌード写真の一部はこちら

 久々に大物セレブのヌード写真が流出です! その当事者とは、今年2月に当時の恋人クリス・ブラウンに顔面を殴打されるというショッキングな暴行事件がまだ記憶に新しい、人気R&Bシンガーのリアーナ(21)。

 アメリカ中のゴシップ・サイトやブログ、セレブリティのヌード・サイトに、リアーナのヌード写真3点を含む、計7点のプライベート写真がアップされたのが、先週金曜日のこと。高級ホテルの一室で、携帯電話のカメラかデジカメで撮影されたと思われる、その写真の内訳だが、リアーナの顔アップ・ショット2点と、ベッド上でヒップを手で掴んでいるショット。

rihanna-nude.jpg
リナーナ本人か区別がつきにくい?
Egotastic!」にはより過激な写真があり
ますので、見る場所とタイミングには注意

 さらに、バスルームの鏡に映っている白いシャツと黒いパンティ姿の自分を撮影しているリアーナ。とどめが、鏡に映る全身ヌード写真(顔は写っていないが、乳首にピアス付きのバストが露わで、股間は手で覆い隠している)、さらに後方から写した下半身裸のショット2点というもの。

 鏡越しの写真はすべてリアーナ本人が撮影したものだと思われるが、下半身裸を後ろから写した過激ショットは、同室にいた何者かが撮影したものである可能性が高い。アメリカの人気ゴシップ・ブロガー、ペレス・ヒルトンは、「これらの卑猥な写真を流出させたのは、クリス・ブラウンに違いない」と自身のサイト上で非難。

 これを受けて、クリス・ブラウンの代理人は「Esscence.com」上で、「クリス・ブラウンは、このリアーナのものか誰のものかわからない一連の写真を公開もしてないし、リークもしてない」と反論している。

 「USMAGAZINE.com」によると、金曜日にリアーナが所属するレーベルDEF JAMは「これらの写真が”アーティストの権益を侵害している”」と主張し、写真を公表したウェブサイトに対し「写真の使用停止」を求める書簡を送付したという。レーベルは、写真が実際にリアーナのものであるかどうかを認めていないが、否定もしていない。リアーナ・サイドからのコメントは、今のところなにも出されていない。

 それにしても、ヌードとかセックスしてるところを写真やビデオに収めようとするセレブリティって、なんで後を絶たないんですかね!?(真里)

平子理沙写真集『Etoile(エトワール)』

こちらは女性にだけ高評価のヌード。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 最もセクシーな黒人歌手・リアーナ、恋人にボコボコにされる
【関連記事】 アンジーと破局目前のブラピ、前妻ジェニファーと急接近中!
【関連記事】 セックスシーンの足りない映画版SATCに、強力な助っ人が登場!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  18. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  19. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー