[連載] 水谷舞の合コン四季報

激務ゆえに変態気質!? 生々しい発言が飛び交う、産婦人科医合コン

mizutanimai0527.jpg
“合コン総研アナリスト”水谷舞がお送りします

――元JALのCAで、合コンでお相手した企業は150社以上! の自称”合コン総研アナリスト”水谷が、実地調査(=合コン)をベースに上流メンズを辛口ジャッジ!

 昨年、創立150周年を迎えた慶応義塾大学病院。東大と並ぶ日本医学界の名門である慶応病院は、1,056の病床数、外来患者数1日平均 4,000人を数え、「臨床の慶応」として名高い医療機関です。ドラマ「白い巨塔」のロケ地として利用された川崎市立川崎病院も慶応関連病院。名実と共に老舗の大学病院医師の素顔を覗いてみました♪

 CAと医師のカップルは石をぶつければ当たるほど昔から多く(ただし離婚率も高し)、結婚相手としてパイロットに次ぐ人気の職業です。という訳で、合コン総研水谷舞の出勤です!

 桃の節句過ぎし日の夜。西麻布の和食屋でスタート。女性参加者にはミスコン受賞者、モデルを揃え、誇り高き医師の満足度を存分に満たす布陣を組みました! K医師、O氏は共に慶応大学病院勤務、しかも医師不足が問題視されている激務の産婦人科医師。

「今日は珍しくスーツ着てきたよ。普段はTシャツにユニクロのチノパンだから」
「分娩中、分泌物が飛んで汚れてもいいように」

と言いながら、赤ちゃんを取り出すマネをしてくれたK医師。

 O医師は小学校時代、成績順で相撲番付のごとく席順が決められていたなかで常に成績トップだったため、「西の横綱」席に君臨していたという輝かしい(?)過去の持ち主。

「いつも一番後ろの席だったよ。でも別にモテる順番とかじゃないからね」

 O医師は休日になると、唐沢寿明の熱演する『白い巨塔』を見て財前教授に陶酔しきっているのだとか。白衣マジックでしょうか、病院の医師はいつも素敵に輝いて見えます。そこで質問。

「好みのタイプの患者さんを口説いたことある?」

「自分より弱い立場の人をどうこうしたいとは思わない。道徳的にいかん」

 さすが西の横綱! 志が違います。

 ところが、空いたグラスやお皿が増えて合コン中盤に差し掛かると、とうとう彼らの本音がポロリ。防寒対策でワンピースの中にニットを重ね着していた水谷にダメ出し!

 「僕は服が好きだから、女性にも自分に似合う服を着てほしい。ハイネックは着ない方がいいよ」とK医師。「中に着ないと谷間丸見えになっちゃうんです」と反論するも、「いいじゃない見えた方が。僕はホットパンツにブーツとか好きだよ」と、O医師も援護射撃。慶応医師は胸フェチ、足フェチ、露出好き!?

 「婦人科検診はいつでも来てね。診てあげるヨ♪」とK・O両医師そろって声明発表。その瞬間、女子は後ずさり……。

 変態発言はさておき、この時代に産婦人科医になるというのは勇気ある決断です。

「出産は病気じゃないからね、無事に退院できて当たり前だと思っているから、何かあったときに『このヤロー! 訴訟だ!』ってなるんだよね。真面目にやってるのに報われない、と思うことはいっぱいあるよ。教師と生徒みたいにリスペクトされないと、医師も人間だから」

 そんな悩める医師の心を慮りながらも、将来婦人科検診に行くのがいろんな意味でますます恐くなってしまった水谷舞でした。

◎合コンメンズ判定★★★☆☆
 社会的信用度が高く高収入と言われる医師ですが、激務と重責で多大なストレスを抱え込んでいます。真冬でもホットパンツか谷間見せファッションを装い、彼の癒やしになってあげましょう。デート前には『白い巨塔』DVD全巻を観て予習し、延々と続く彼の愚痴や野望に理解を示します。妻となった暁には、夫が仕事に専念できるよう、家事育児の一切合財を引き受ける覚悟が必要。カタブツが多いと言われる医師の中でも、産婦人科医は特に優しくて紳士的なタイプが多いのが特徴。数ある診療科目の中で、あえて過酷な労働環境の産婦人科を志した男気と使命感を評して★3つを進呈します!

水谷 舞(みずたに・まい)
大学卒業後、日本航空入社。NY、パリ、ミラノ便など、国際線ビジネス、ファーストクラスを中心に約5年間乗務。現在はレポーター、女優業の傍ら、「合コンは最高のエンターテインメント」をモットーに、”合コン総研アナリスト”として活躍中。公式ブログ「MY FAVORITE THINGS」も随時更新中。

<バックナンバー>
【第1回】マンガのような口説き方に見る、ゴールドマン・サックス男の真髄
【第2回】無形文化財に指定したい! 電通マンの完成されたおバカ芸
【第3回】仕事で鍛えられた連係プレー! 住商マンは芸人並みの盛り上げ上手
【第4回】因縁の再試合、いよいよ本性を現した電通マンの下ネタ暴走ぶり!
【第5回】合コンでも”真面目”がウリ! エーザイのうぶさに胸キュン♪

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  8. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  19. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  20. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに