セックスシーンの足りない映画版SATCに、強力な助っ人が登場!?

sex-and-the-city01.jpg
早く続編が見たい!!

 一時は出演が危ぶまれた「ミスター・ビッグ」役のクリス・ノースが、映画『セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)』の続編への出演を承諾したというニュースは既に伝わっている通り。

 主演のキャリーを演じるサラ・ジェシカ・パーカーはそれについて4月27日に、トライベカ・フィルム・フェスティバルの場で質問され、「ストーリー展開についてはまだ何も知らされていない」と「E!ニュース」に語っている。

 また、フランス人俳優ジル・マリーニが出演するというウワサについて聞かれると、「まったく分からない」としながらも「非常にあり得る」と期待を持たせた。

 ところで「ジル・マリーニって誰?」というぐらい日本では知名度がない彼。フランス人俳優で、いくつかのアメリカのTV番組やCMに出演しているが、世界的にブレークしたのは映画版『セックス・アンド・ザ・シティ』のダンテ役。

 映画を観た方ならご存知の通り、ジレが演じたダンテはキム・キャトラル演じるサマンサのお隣さんで、毎日毎日セックスに明け暮れる正体不明の”セックスマシーン”。全裸でシャワーを浴びる彼を、元セックスマシーンのサマンサがうっとりと見とれるシーンがあり、DVD版ではサービスカットとしてちらりと彼の”下半身”が映っている。

 実は、同作の劇場版は、本国では熱烈なファンのあまりの期待の大きさのせいか、「すごく良かった」という評判がある反面、「セックスシーンも少なく、良くなかった」という声も強かった。

 元々はコメディーのはずがシリアスな恋愛モノになってしまい、セックスシーンもミランダ以外、取り立てて見るべきものがなかった。となれば、続編にはぜひとも熱気あふれるサマンサのセックスシーンが不可欠で、その為にはどうしても「ダンテ」が欲しいところ。

 もしかしたらファンも、煮え切らず、セックスシーンもないビッグより、分かりやすいダンテの出演に大きな期待を寄せているのかもしれない。

 ジルのキャリアは順調で、さらにはアメリカの人気番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』でも優勝するかもしれないと言われるほどの巧みなダンスを発揮している。

 SATC続編の出演にしても「電話があればプールにだって飛び込むさ!」と大乗り気。これはもうサマンサとのタグマッチを期待するしかない。封切は来年5月28日。出演者発表が待ち遠しいですね!
(セリー真坂)

『SEX AND THE CITY [THE MOVIE]』

よし、確認するか

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 『セックス・アンド・ザ・シティ』エロ女社長直伝の愛のテクニック
【関連記事】 エクステが25万円!? セレブ達のヘアサロンの相場
【関連記事】 ファン垂涎!? グウィネス・パルトローが洋服をネットオークションに出品

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー