養子、妊娠……アンジェリーナ・ジョリーにまつわる噂は本当?

jori-jori-.jpg
“上品さ”を手に入れると、一方で失うものの多い?

 アメリカのセレブ系の雑誌に彼女の名前を見ない事はないほどの”超セレブ”のアンジェリーナ・ジョリー。セレブ雑誌だけではなく、昨年11月には一流新聞「ニューヨーク・タイムズ」にまで取上げられたほど。

 もっとも、内容は、昨年出産した双子の写真を「ピープル」誌に推定1,400万ドル(約13億4,000万円という仰天価格で売却した際に、「将来的にも不利な編集はしない」ことを条件にしたとか、自らパパラッチに撮影させる機会を設定した、など批判的なトーンではあったが。

 さて、アンジーとの関係が深いそのピープル誌のオンライン版の最新情報では、「ブラッドとアンジェリーナ、ウソ、ホント?」と題して、噂の検証をしている。

 ブラッドピットと大喧嘩、今度こそ破局、いや仲良くレッドカーペットに登場など、二転三転する2人の関係だが、現在の様子やいかに……。

■アンジーが流動物ダイエットで激ヤセして撮影現場で失神した→ウソ。「アンジーはとても幸せで健康」と彼女に近い筋がコメント。ちなみに流動物ダイエットとは固形の食べ物を摂取せず、シェイクなどの飲料で栄養を摂るダイエット法だ。

■インドやフィリピンからまた養子を迎える?→ウソ。

■妊娠説→ウソ。双子のヴィヴィアンとノックスがまだ1歳になっていない現在、またまた妊娠説が飛び交っているが、妊娠はしていない。

■郊外でのんびり→ホント。ニューヨーク郊外のロングアイランドのダンキン・ドーナッツなどによく出没するとの噂があるブランジェリーナ。二人が静かな日々を過ごしているというのはホントで、スーパーの「ストップ&ショップ」で食料の買出しをするのが目撃されている。この店に行けば、アンジーと遭遇するチャンスは高い。

 それにしても、”最も美しい”とか”最もセクシー”などという「称号」を受けたアンジーだが、かつての表情豊かで個性的でやんちゃなイメージが段々垢抜けて上品に変わりつつある。最近の写真を見ると表情がまるでなく、蝋人形のよう。整形疑惑が取り上げられていないのは、アンジーのタブーだから?
(セリー真坂)

『プチ整形&美容整形本当のこと教えます』

整形する前に予備知識を

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 アンジェリーナ&ブラピ夫妻の暴露本が出版!
【関連記事】 アンジェリーナ・ジョリー、また妊娠!? そしてあの人も……
【関連記事】 ビクトリア・ベッカムを抑えた、整形セレブ・ワースト1は?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  11. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  15. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!