["噂の女"神林広恵のナイショの一説]

マスコミ報道に見る、藤原紀香”一人勝ち離婚”のウラ側

「大勝利♪」

――伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク(♀)が、ギョーカイの内部情報を拾い上げ、磨きをかけた秘話&提言。

 先月、突如降って湧いた藤原紀香と陣内智則の離婚騒動。その原因をめぐっての報道合戦もようやくひと段落したようだ。

 だがそれらを見ると、現在の芸能界の病理が浮かび上がってくる。

「紀香は芸能界のドンといわれる周防率いるバーニング系の所属ですが、スポーツ紙、女性週刊誌の多くは離婚の原因が陣内の浮気、そしてDVにあるといった論調でした。特に『女性セブン』編集部はバーニングの”身内”という関係から、紀香がもっとも信頼する占い風水師に、陣内のDVを告白させていた。すべてバーニングの意に沿ったものです」(スポーツ紙記者)


 離婚の原因の一端は陣内の病的な女癖にあったことは間違いない。また陣内が所属する吉本興業は「陣内クラスの芸人を本気で守る雰囲気ではなかった」という事情もあったようだが、さすがにDVとなると首を傾げざるを得ない。

「これはバーニングの得意技のひとつ。やはりバーニングの小泉今日子の離婚の際には、その原因は夫の永瀬正敏の浮気だという情報を盛んに流し、また内田有紀の場合は吉岡秀隆のDVという情報をマスコミに書かせました。今回はその合わせ業(笑)。DVにしても喧嘩をした際、少し爪が浮いたという程度だといわれていますしね。バーニングもそれだけ紀香を守らなければ、ということでしょう。多くの御用マスコミはバーニングの意向に逆らうことはありませんからね」(前同)

 結果、一見紀香の”一人勝ち離婚”といった様相になっているが、もちろんその真相はそんな一方的なものではない。

「そもそも紀香と陣内の結婚は、紀香の信頼する占い風水師からのアドバイスで実現したもの。さらにその後のストーリーも計画されていたといわれている。それが結婚―出産して数年で離婚、シングルマザーとして芸能界の地位を再構築する、というものなんです。結局、陣内の女癖が紀香の想像を超えていて、それを変更せざるを得なかった。結婚当時の紀香はタレントとしてはまだしも、女優としては行きづまっていた時期。そのためプライベートな話題で今後のステップアップを図る計算もあったといわれているんです」(芸能関係者)

 芸能人同士の恋愛、結婚は魑魅魍魎だ。
(神林広恵)

『ハッピー・スピリット 紀香魂』

とりあえず、男を見る目がないことはわかりました。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 がんばりすぎ! 藤原紀香が目指すべきは「スピリチュアル大女優」
【関連記事】 タッキーの”お年玉60万円”報道が意味するもの
【関連記事】 業界関係者が語る、飯島愛と芸能事務所、大物たちとのマル秘関係

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク