[ジャニーズ最新言行録]

話題沸騰! ゴキブリ姿で華麗なダンスをキメる「舞闘冠」とは?

kincho-cm.jpg
KINCHOのHPではCMを動画で見られます

「いっちどで 二度きく コンバットォ~♪」

 ダンサブルな音楽に合わせ、きらびやかな衣装に身を包んだアイドル5人が舞い踊る、一見、プロモーションビデオのようにクールな映像。でもよーく見ると彼らの頭には2本の触角らしきものが付けられており、歌詞も冒頭のとおりコミカルなもの。そしてラストのキメゼリフは、ばっちりカメラ目線&セクシーな声で、「ゴキブリ、トゥーザヘブン!」(ゴキブリ、天国へ!)

 これは、4月より全国放映がスタートしたKINCHO(大日本除虫菊)の家庭用殺虫剤「コンバット」の新CM。カッコいいのかなんなのか、とにかく印象的なこのCM、気になっている方も多いのではないだろうか?
 
 出演しているのはジャニーズJr.内のグループ「舞闘冠」(ぶとうかん)のメンバー。年代も、もともとの所属ユニットも異なる彼らだが、共通しているのはダンスが飛び抜けてうまいということ。07年に『ザ少年倶楽部』(NHK-BS2)の”タッキープロジェクト”で結成され、番組では滝沢秀明撮影、編集による本格的なオリジナルプロモーションビデオも製作された。

 ラストのキメゼリフを発しているのがリーダーの屋良朝幸。ダンスユニットMAのメンバーで、先日千秋楽を迎えた堂本光一主演の舞台『Endless SHOCK』では準主役を演じたり、最近ではコンサートの振り付けなども担当、今回のCMも自ら振り付けするなど、めきめきと頭角を現している。

 それ以外にも、アクロバットの名手であるA.B.C-Zの塚田僚一、小学生の頃にダンスコンテストでの優勝経験も持つKis-My-Ft.2の千賀健永、M.A.D.とThey武道をかけもちしている山本亮太、関西Jr.内ユニットVeteranの浜中文一など、いずれも実力派ぞろい。

 当初は、単なる企画グループと言われていたが、その後も『ザ少年倶楽部』出演を中心に活動が続けられており、正式なユニットになるのでは?と期待されている。 

 ちなみに、この強烈なグループ名は、滝沢の命名によるもの。「ダンスで闘って天下を取る」という意味に加え、「いずれは武道館に出られるようなユニットに……」というダジャレ的な要素も込められているそう。現在、ジャニーズタレントの中でも、ジャニー社長のセンスを最も踏襲していると言われる滝沢。そんな彼の初プロモユニットだけに、今後の活躍が期待大なのだ。

『滝沢演舞城’08』

滝沢くんに、ついて行きます!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 コヤマPも活躍、シングル・アルバム・DVDの1位をジャニーズが独占!?
【関連記事】 出所も不明!? 「内博貴が有名塾のCM限定ユニットに加入」の怪情報
【関連記事】 かご4つは当たり前! 滝沢秀明が”大人買い”ならぬ”殿買い”を告白

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク