[TVツッコミ道場]

NHK美人アナ、卵料理に無邪気に「わ~い!!」

tugeana.jpg
この顔で無邪気に言われたら、男はコロっと
いっちゃいそう……。
NHK「アナウンスルーム」プロフィールより

 ネット上で、見事な食いっぷりと食欲が「がっつり」と呼ばれ、一部の熱い視線を集めているNHKの女子アナウンサーをご存じだろうか。

 『きょうの料理プラス』を仕切る柘植恵水(つげ・えみ)アナが、その人だ。

 今回ツッコませていただくのは、そんな彼女の素直すぎるコメントがこぼれ出た4月13日放送分『きょうの料理プラス』。おなじみの長寿番組『きょうの料理』の先生に登場してもらい、生放送で料理をする番組だが、進行、先生とのトーク、情報紹介をしながら「試食」もするというのは、『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』(朝日系)に匹敵する忙しさである。


 ただし、いちばんの違いは、恵美子が「トーク」メインであるのに対し、柘植アナの場合は、「食」がメインに見えること。といっても、柘植アナの進行やトークが疎かになっているわけでは、決してない。

 おそらく非常に手際が良く、仕事のできる人なのだろう。進行はテキパキで、試食前後など、「あれ? いつの間に移動した?」と思うぐらいの素早さを見せる。にもかかわらず、「試食」中は常に全力投球なのだ。

 「試しに食べる」レベルを遥かに超え、がっつり美味しそうに、ものすごい量を、ものすごいスピードで食べる。これ、乾杯のシャンパンを一気飲みする人にもちょっと似ていて、「試食なのにそんなに本気で食べて大丈夫?」と、観ているほうが心配になるほどでもある。

 さて、この日の料理は、「とろ~り甘酢煮 主役はたまご」。

 半月に焼いた目玉焼きに、とろ~りあんをかける様子を見守る彼女、どうしたことか、思わず口を衝いて出た言葉は、こんな無防備なものだった。

「わ~い!!」

 理知的でキリリと凛々しい容姿や、テキパキとした仕事ぶりとはかけ離れた、子どものような「わ~い!!」。

 瞬時、そんなギャップに、うっかり悩殺させられるところだった。と思ったら、

「あ、思わず『わ~い』とか言ってしまいましたが」

 恥ずかしそうに口を押さえる様子もまた、可愛らしい。さらにその後も、いかに彼女が卵を愛しているのかがわかる、情熱ほとばしるコメントが次々に発せられた。

「なぜか顔がほころんでしまうんですね。卵のトロリとしたのを見ると」

「美味しいですね~」

「ん~!(眼を大きく見開いて)」

「えへへ」

「とにかく1回作ってみたいなという気になる料理で」

 料理の美味しさ、楽しさを伝えるのは、巧みなレトリックばかりじゃない。また、大袈裟なリアクションでもない。

 思わず抑えきれずにこぼれ出てしまった無防備なコメントに、食欲も、料理欲もそそられる番組です。
(田幸和歌子)

『自慢したくなる卵の料理』/平野 由希子

ジャケ買いしちゃいました。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 ターゲットは熟女好き!? 真っ昼間から教育テレビで”下着番組”の謎 …
【関連記事】 食欲の秋! グルメ・長野博がラーメン道邁進!
【関連記事】 「ん~~~.感謝」 ピュア系俳優藤岡弘、の”面倒くさい”料理番組 …

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク