[女性誌速攻レビュー] 「InRed」2009年5月号

アラサー女性誌No.1「In Red」の 男性版を創刊予定か!?

tab_a2.jpg
「InRed」2009年5月号/宝島社

 「30代女性誌No.1」と銘打っている「In Red」。女性誌速攻レビュー初登場です。表参道・青山付近にあるセレクトショップを御用達にしている、オシャレ系30代女子がターゲット。毎回表紙にはYOUや深津絵里、小泉今日子などが登場しています。雑誌不況の中でも、発行部数113,207部(2008年6月)から181,642部(2008年11月)※まで雑驚異的に伸ばし、さぞや浮かれているだろう……、と思われる「In Red」の内容をチェック!
※ABC協会調べ


<トピック>
◎今どき30代女子の着こなしQ&A
◎リラックスワンピからお出かけドレスまで 初夏もワンピ&ドレス主義
◎【別冊冊子】ふたりで読む男子のおしゃれ「Men In Red」
◎結婚までのイバラの道 30代女子の婚活事情

 今回、編集部が注目したのはコチラ!

 ■【別冊冊子】ふたりで読む男子のおしゃれ「Men In Red」
 今月の付録についている懐かしいサンリオのキャラクター『パティ&ジミー』のバニティケースにちなんでか、別冊冊子は丸ごと一冊「In Red」のメンズ版。「ホテルでディナー」「ショッピング」「部屋でリラックス」「愛犬と散歩」など、週末のデートを想定したメンズファッションから、イケてない(!?)彼氏のメンズ改造計画まで……。16Pの冊子のなかで、ほぼ女性ファッションの紹介がナイという、本格的にメンズをターゲットとした内容。

ふたりの週末 着こなし講座
30代女子パートナーの取材
インレッド的メンズ改造計画
30代男子をオヤジにしない! メンズビューティー座談会

 現在、宝島社にはメンズ誌は「smart」のみ。「smart」は10代~20代前半の男の子をターゲットとしたカジュアル誌。それより上の年齢に対応するメンズ誌が不在の状態。でも唯一の男性誌「smart」は、実売では「Men’s non-no」(集英社)よりも多いと言われており、男性誌の中での売上はトップレベル。「In Red」自体の売上の追い風もあり、これは「In Red」メンズ版創刊のための布石か!? と思わず勘ぐってしまう。でも、このヨミはあながち間違いではないかも。なぜなら、女性誌のメンズ版を創刊するときには、大抵まずは別冊で付けるのが常套手段だからだ。

 ところで中ページの〝インレッド的メンズ改造計画″に出てくる「In Red」読者の彼氏が妙にダサダサなのが若干気になるケド……。オシャレ系「In Red」読者は、パートナーをビジュアルでは選ばない?

もろだしガールズトーク ~アラサー流 愛とエロスと女磨き~

アラサーの婚活は大変!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 肉食系女子の新バイブル「an・an」の 恋愛はいつも迷走気味?
【関連記事】 ファッション誌に哲学の風を吹き込む!? 進化系女性誌「GINGER」創刊
【関連記事】 土屋アンナばり!? ”気合い”入りまくりの「ViVi」ファッション&恋愛特集

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー