年下の恋人と熱愛中のマドンナに、元夫のキツ~イ一言

madonnnaandmen.jpg
新しいボーイ・トーイのジーザスとマドンナ

 マドンナの前夫、ガイ・リッチーが16日、スラリとした美人とともにロンドンのノッティングヒルで真夜中過ぎまで食事を楽しみ、別々に出て来たところをパパラッチにキャッチされている。彼女は世界的に有名なモデルのエル・マクファーソンで、「2人はとても幸せそうだった」と、セレブのゴシップ・ブロガー「ペレスヒルトン・ドットコム」が伝えている。

 マドンナもガイも「プリティ・ピープル」(見てくれのいい人)がお好き、と書かれているのは、マドンナも大リーグ「ヤンキース」のアレックス・ロドリゲス選手との親密ぶりもどこへやら、22歳のブラジル人モデル、ジーザスに鞍替えし、すっかり彼の肉体のとりこになっているようなのだ。ジーザスは大手モデルエージェンシー「フォード」と契約を交わし、恋人を捨ててマドンナの元に転がり込んだとの噂である。

 マドンナはガイと結婚していた頃とは打って変わって丸くなり、嫌いだった料理もするようになり、2人は家にこもって楽しんでいると親しい友人は語っている。

 とはいえジーザスはまだまだ遊びたい盛り。マドンナ・ママのお許しを得たのかどうか、14日にブラジルのリオ・デ・ジャネイロのクラブで31歳のモデル、ルチアーナ・コスタとべったりくっついてダンスをしているところを目撃されている。手を握ったり、腰に手を回したり、耳元で囁いたりと「その気なのはミエミエだった」と他の客が語っているが、マドンナに見られたら大変だっただろう。

 彼は「ボーイ・トーイ」(若い愛人)という位置づけで、メディアからは対等な恋人とは見なされていない。ボーイトーイの代わりはいくらでもいるが、マドンナの代わりはいない。マドンナのご機嫌は損ねない方が得策というものだ。

 そう言えば、マドンナは先月のアカデミー賞授賞式で元夫のショーン・ペンにバッタリ遭遇し、一緒だったジーザスを見て「新しい養子?」とキツーイ皮肉を一発かまされていましたっけ。

『マドンナの素顔』

実弟による暴露本

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 マドンナと離婚のガイ・リッチー、命を狙われる!
【関連記事】 マドンナとの「浮気の代償」? ヤンキ―スのA-ロッド、離婚成立
【関連記事】 泣きっ面にハチ! ライブで転倒のマドンナにネットで嘲笑の声

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!