[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐の新曲大ヒット! でも櫻井翔の映画『ヤッターマン』は……

sakuraishou090000.jpg
櫻井翔のキャスター姿は板についているのに

 嵐の今年初となるニューシングル「Believe/曇りのち、快晴」が好調な売れ行きを見せている。初日で売上枚数20万超を記録し、16日付オリコンチャートでは初登場首位を獲得することが確定。初動売り上げは50万2,000枚となり、シングルではKAT-TUNのデビュー曲「Real Face」以来の50万超えとなる。また、年間売上1位の秋元順子「愛のままで…」も抜き去り、現在のところ、今年度のトップに躍り出た状態だ。

「今回は初回限定盤2種と通常盤の計3種売りで、大野智のドラマ主題歌でもあるソロ曲との両A面。昨年の年間売上1位を達成した『truth』と同じ手法ですね。初動50万枚が期待されていますが、勢いが前作に比べると弱まっているだけに、微妙なところ。それでも、この売上はたいしたものですね」(音楽ライター)

 また、「Believe」は、櫻井翔が主演している映画『ヤッターマン』の主題歌になっており、この映画の成績も気になるところ。初日に行われた舞台挨拶つきのチケットは即時完売、公開日は満席の劇場が相次ぐなど好スタートを切り、初日2日間での動員数は約38万5,000人、興行収入は4億5,000万円という成績に、松竹関係者は「最初の1週間で10億円、最終的な興収は50億円いけるかも」と自信をのぞかせている。さすがの嵐・櫻井人気の影響かと思いきや、好調な理由はほかにもあるようで……。
 
「観客の間で話題を呼んでいるのは、深田恭子演じるドロンジョ様のコスチューム。原作そのままのセクシーなボンデージ姿に、男性客は釘付け。そうなってくると、櫻井ファンの反感を買いそうなものですが、意外なことに女性ファンからも『エロカッコいい!』『セクシーで憧れる』と好印象なんです。対する櫻井は演技も一本調子でインパクトがない。残念ながら、印象はかすんでしまっていますね」(映画ライター)

 キャストが発表されたときは「ドロンジョにしては幼すぎる」「杉本彩がよかった」などと一部でブーイングが巻き起こっていた深田。そのうえ、衣装合わせの際に太りすぎのため衣装が破れてしまうという屈辱的な事件もあり、急遽ダイエットを決意したという裏話も。その結果、10kgもの減量に成功し、撮影現場ではスタッフ、キャスト含め男性陣が目のやり場に困るほどのスーパーボディーが誕生。

 そんなドロンジョ様と櫻井演じるヤッターマン1号との恋も描かれているという『ヤッターマン』。櫻井ファンならずとも、一見の価値はあるかも?

映画「ヤッターマン」オフィシャル・ヴィジュアル・ブック

インタビューも充実

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 “なかったこと”に!? 錦戸亮、衝突事故後も通常通り活動
【関連記事】 慶応出身の櫻井翔、熱があっても学校に行っていた日々を振り返る
【関連記事】 こだわり派・松潤が納得せず……嵐10周年記念は「皮ヒモ」!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー