[女性誌速攻レビュー] 「an・an」3月11日号

独りものにはマネしにくい!? 愛が舞い込む「お部屋改造のススメ」特集

anan090311.jpg
「an・an」3月11日号/マガジンハウス

 今回は、2、3カ月に1回はやってくる「an・an」による「お部屋改造のススメ」。新生活が始まる人も多い4月は、お部屋改造の絶好の機会。引っ越す予定がない人も、ある人もチェック! そんな今週号のラインナップはこちら。

<トピック>
◎細部へのこだわりがセンスアップに 空間作りの達人のお部屋、拝見!
◎心も暮らしも100%リフレッシュ 模様替えマジックショー、開幕!
◎男子も満足のスイートアイデア  愛が舞い込むお部屋の秘密って?

 中でも目を引くのは、フリーエディター&ライターやアパレルデザイナー、大使館勤務といった人たちが、お金をかけているとひと目でわかる素敵なお部屋を公開するページ。住んでいる場所こそはわかりませんが、どれもこれもあこがれる素敵な部屋ばかり。
 
 明らかに設計時からお願いしているであろう、だだっ広いキッチンや吹き抜け、高そうなインテリア……。勝ち組との差を見せつけられて凹むか、自分の未来はこうなる! と夢見て読むか。若干生活感のあるカタログ、として眺めるのが正しい読み方かもしれません。

男子も満足のスイートアイデア 愛が舞い込むお部屋の秘密って?
 やはり注目はこの企画でしょう! カンタンにできるアイデアで幸せをゲットしたい! 間取りやライティング、キッチンなどの場所ごとによる読者からのアイデアを紹介。

□ロフトがある部屋に引っ越したら、やたらと男子が遊びに来た。屋根裏気分でライトやラグをセッティングして基地みたいにしたら、居心地がよかったのか、いつの間にか私物を持って毎日通ってくる強者も。なんと、それがいまの彼です。

 たしかに、昔からロフトは男女問わずに人気がありますよね。引っ越しを考えてる人は、ロフト付きの部屋を選ぶというのも、ありだと思います。ただ、夏場はすごく暑くなるらしいので、ご注意ください。

□手料理を振る舞いたいから、賃貸でも2コンロはマスト。手際の良さをアピールするためにも、そこはやっぱり大事だと思う。

 仕事で遅くなるから外食ばっかりだし……と思っても、いざというときのための投資として、2コンロを頭の片隅に置いておきましょう。ただ単身者用の賃貸はキッチンが狭い所が多いので、技術と別のところで、手際の良さを確保するのが難しいかも。

□ベッドルームのカーテンは、あえて日の光が通る薄いコットンにチェンジ。朝、彼と一緒に目が覚めたとき、寝顔が暗く見えないようにしています。

 寝起きの顔に自信がないけど、暗く見えるよりは良いのかも。この場合、”ちょっとだけ光を通す”という、いい塩梅のカーテンを見つけることが重要そうです。

 ここまでこの企画を読んでいて気がつきました。「愛が舞い込む」と書いてあるけど、男子が家に来る環境の人たちのアイデアばっかりじゃん! 彼氏が出来て、オシャレな時間を過ごせるようになったら、参考にさせて頂きます。それまではやっぱり、カタログ扱いかも……。
(スライム坂口)

Panasonic 自動ホームベーカリー

部屋でパンを焼くなんておっしゃれ~♪

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 結局はカオ!? 「an・an」流”トクする性格”になる方法
【関連記事】 土屋アンナばり!? ”気合い”入りまくりの「ViVi」ファッション&恋愛特集
【関連記事】 ファッションから”すべらない話”まで、ユニークな「PINKY」の春特集

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク