「小悪魔ageha」×「MEN'S KNUCKLE」編集長対談(前編)

雑誌界復活のキーワードは”遊び心”と”オリジナリティー”

taidannmainnnnn.jpg
(左)「小悪魔ageha」中條寿子編集長(右)
「MEN’S KNUCKLE」倉科典仁編集長

 最近街のファッションを席巻している、「伊達ワル」と「アゲ嬢」。伊達ワルは雑誌「MEN’S KNUCKLE」(ミリオン出版)に登場するようなホスト風ファッション、アゲ嬢は同じく雑誌「小悪魔ageha」(インフォレスト刊)に登場するような、キャバ嬢系ファッションを指す。今や夜の世界を飛び出して、人気スタイルの一角を占め始めた「伊達ワル」と「アゲ嬢」を盛り上げてきた2誌の編集長が、両スタイルの聖地・新宿で昼間から、雑誌の未来を語り合う!

「MEN’S KNUCKLE」編集長・倉科典仁(以下、倉科) なんか最近、我々が同列に語られること多いですね。

「小悪魔ageha」編集長・中條寿子(以下、中條) 新宿の伊勢丹付近の通りとか行くと、「アゲハ」と「メンナク」(「MEN’S KNUCKLE」の通称)のカップルみたいな、黒とピンクの服着たカップルばっかりいますよね。だからそういう意味ではカップル誌っぽくなってる(笑)。


倉科 ウチで紹介しているスタイルは男の子が対象なだけに、黒っぽいイメージですけど、アゲ嬢のスタイルって白っぽいじゃないですか。だからいいコントラストなのかもしれないね。

中條 白いイメージを持ってもらえるとうれしいですね。使ってる色は基本的にピンクなんですけど(笑)。でも10年前の「egg」(大洋図書)なんか読み返すと、男の子も女の子も蛍光色の服着てて、すっごいカラフルなんですよね。それがコントラストが出てきたっていうのは、時代なのかな。

倉科 「メンナク」の場合は男らしいイメージを打ち出したいんで、意識的に黒を使ってるんですよ。ウチの雑誌に載っているような格好って、昔で言えばヤンキーっぽい服着て街を歩くみたいなイメージで、ちょっと勇気のいることじゃないですか。「アゲハ」もピンクはあえて使ってるんですか?

中條 ていうより、ピンクって女の子の永遠のテーマカラーなんです。だって女の子って、生まれたときからピンクとキティちゃんが大好きなんですよ。でもご本人には何回も言ってるんですけど、倉科さんが作った「メンナク」の前身の「GIGOLO-style」(ミリオン出版)を読んだ時はホント感動しましたね。あれ、もう4年前ですよね?

倉科 そうなりますね。

中條 最初は広告を見たんですけど、キャッチコピーに「ジゴラティブな夜を飾る ジゴスティックな男たち」みたいな、もう何が言いたいのかよくわかんない(笑)、とにかく「ジゴロ」ってことを強調する言葉が躍ってて。超感動して、朝イチですぐに買いに走りました。

倉科 ありがとうございます(笑)。

中條 当時は私、「Men’s egg」(大洋図書)が一番面白い雑誌だと思ってて、でも「GIGOLO~」見た時、「これはメンエグ超えるかな」って。雑誌であんなにドキドキしたの初めてだったから。それまでなかった雑誌で、でもみんなが読みたかったものを作ってくれたってことに対して感動したんです。だから「men’s○○○」みたいな、そっくりそのまま「メンナク」のマネみたいな雑誌は許せなくて。

倉科 マネなのかはわからないですが、それぞれの雑誌で個性が出せればいいんですけどね……。でもそれは「アゲハ」のほうが多いんじゃない?

中條 私としては最初、そういう雑誌が出てきてくれてうれしかったんですよ。昔「egg」が売れたら後追いがいっぱい出てきて、ギャルシーン全体が盛り上がったじゃないですか。でもあんなふうになるかと思ったら……。

倉科 そうじゃなかったわけですね。ただの後追いというか……。

中條 そう、それで結局バタバタ廃刊してますよね。

倉科 単なるマネではなくて、同じジャンルでも違いがはっきりしていて、オリジナリティがあればいいんですよ。じゃないと、同じマーケットで読者の食い合いになってしまって、お互いの実売が伸びなくなってしまいますよね。

キャッチやデザインで文字を読ませる

──オリジナリティということで言うと、「漆黒でも暗黒でもない私たちの黒い闇」(「小悪魔ageha」09年2月号)とか、「ゴージャスファーで女が落ちる瞬間を体感せよ!!」(「MEN’S KNUCKLE」09年1月号)など、2誌とも言葉遣いが独特だと思うんですが。

倉科 ウチはキャッチコピーでもデザインでも、「アウトローがカッコいい」ってことを押したいんです。

中條 ストリートスナップのページなんかでも、「魂まで食い込んだ漆黒も悠然と飼い馴らす」とか、男の子一人ひとりにつけられたキャッチが印象的で、目が惹かれちゃいますよね。

倉科 でも、何もあそこまでやれって編集部員に言ったわけじゃないんですよ。

中條 アハハ! そうだったんだ。

倉科  「言葉が難しすぎないか? これウチの読者がわかるのか?」って(笑)。でもそしたら、ちょうど「2ちゃんねる」でウチのそういう言葉遣いが爆発的に話題になってるって聞いて、じゃあこのまま行こうかって。

中條 でも男の子って難しい漢字とか好きじゃないですか。暴走族の子でも、落書きなんかの字画は多いほうがカッコいいみたいな(笑)。個人的にキャッチもすごい好きですし、デザインも好きなんですよ。デザインでちゃんと文字を見せてるじゃないですか。

倉科 ちゃんと見てくれてるな~。でもキャッチとデザインという意味では「アゲハ」のほうが革命的だったんじゃないですか? デザインに関しては伝説的な話があって、この人(中條さん)、ロゴや誌面で使うピンクの色で、1週間悩んだらしいんですよ(笑)。

中條 ピンクのことに関しては、いつも考えてますね。

倉科 「これは好きなピンクじゃない」って試行錯誤して、デザイナーさんが泣きながら作ってたという。

中條 デザイナー泣かせではありますね(笑)。でもほら、「このピンクの服は着たいけど、こっちのピンクはちょっと……」っていう場合あるじゃないですか。だから1ページずつ、「本当にこの服が着たいか」って、自分で着る服を選ぶのと同じ感覚で作ってるんです。

倉科 そのきめ細かさっていうのは、女性ならではだな。あとは、独特な言葉もそう。たとえばこの号(09年2月号)なら「桜吹雪に雲隠れ、イタズラ親指姫」や「やんちゃハニーな女将の花魁」というような。これは僕らの発想からは絶対出てこない。

中條 そこはよく言われるんですけど、それは単に編集者のエゴだと思うんです。だって読者は、そのへんあんまり意識してないんじゃないですか? 女の子って、文字をあんまり読まないから。可愛かったりキラキラしてたり、そういうところのほうに惹かれてる。

──「アゲハ」の08年6月号で、モデルの女の子たちが自身の「病んだ心」を告白する特集を組まれましたよね。そこで表紙に書かれた「病んだっていいじゃん」という言葉がネット上などで話題になりました。どういう基準でキャッチコピーをつけてるんですか?

中條 それはその時々の気分だったり、あとはこれまで生きてきて高校時代からずっと思ってることだったり。今も私の精神年齢はそこで止まってるんで(笑)。共有してる気持ちが、モデルの子も読者の子も私たち作り手も一緒なんです。その言葉ありきで内容を考えたりもしてますね。

倉科 僕もタイトルとかキャッチとかから入るタイプなんで、その気持ちはわかりますね。今年の春物がどうとかそういうことは考えない。フレーズから特集作っちゃうから。

中條 それ、まったく私も一緒ですね。誌面の構成を考えるのもタイトルから入るから、編集部の子たちはいつも困惑してます(笑)。

(後編に続く)

【関連記事】 ハーフブームももう終わり? 女子カルチャー衰退の要因を徹底分析!
【関連記事】 モデルに頼るな! 次代のキーワードは”男に媚びない”雑誌づくり
【関連記事】 イジリ過ぎ? 30歳の浜崎あゆみ、表紙&インタビュー

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク