今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

テレビ朝日、”50周年”プロジェクトの空虚な実態

tvasahi.jpg
photo by hikikomorix from filckr

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎テレビ朝日
やたらと開局50周年をかびすましく叫ぶテレビ朝日。春の改編前の中途半端なこの時期に、そんな記念すべきイベントをぶちあげる間の悪さもさることながら、「開局50周年記念50時間番組」ってのがまたよくわからない。50時間ぶっ通しでやるわけでもなし。既存のいつもの番組に、仰々しく「開局50周年記念」って冠つけただけ。内容はいつも通り。「開局50周年記念50時間番組・報道ステーション」だと。「開局50周年記念50時間番組・世界の車窓から」ってのはもう、不条理コントみたいで笑わせてもらった。スペシャル番組にありがちな、力入り過ぎの羊頭狗肉にさえなってない。する気もないんだろうな。打ち上げる花火がないなら無理して火つけるな。引火で全焼してたら元も子もない。


◎Qちゃんと小林麻耶
春スタートの報道番組の記者会見に仲良く並んで登場した、メーンキャスター小林麻耶と、スポーツキャスターのQちゃん。この二人、髪型が丸かぶりなんである。長さといい、前髪の量といい、ほんのりした内巻きの角度といい、すべておんなじ。究極の可愛いコちゃんボブってやつ。無論、顔の大きさや造作はまったく違うので、なんか残酷なことになってた。事前に誰かなんとか阻止できなかったのか。

◎日ハム・中田翔
「ポスト清原」の呼び声も高い、日本ハムの中田翔。呼び声どころか、当の清原本人から「二代目」として認定されているところをテレビで見たことがある。バッッティングセンスが近いとのことだが、共通点はそこより独特のVシネマ臭の方にあると見た。清原もかなり親近感を持っている様子。でもちょっと待て。清原が新人の時は、まだ全然あんなじゃなかったぞ。ルーキーにしてあの「番長感」かあ。中田が今の清原の年になったらどうなってるんだろうか。パチプロか。別の意味で末恐ろしい19歳である。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
・朝青龍と高砂親方の”美しき”師弟関係
・沢尻エリカ、そのファミリーの秘めたる実力
・小倉智昭が相撲協会謝罪でも見せなかった真の誠意とは?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!