不況の韓国映画界で大躍進 今、R-18指定映画がアツい!?

jfaijfasio;.jpg
『霜花店』記者会見にて。左からチョ・インソン、ソン・ジヒョ、チュ・ジンモ。

 不景気の影響を受け、ヒット作が減っている韓国映画。多くの配給会社は宣伝費を減らしてラインナップも縮小し、その結果”お蔵入り”してしまった映画も少なくない。そんななか、ひそかな躍進をみせているのがR-18指定の映画。なかでも、イケメン俳優チョ・インソン、チュ・ジンモ主演の『霜花店』(昨年末より公開中)、キム・ミンソン主演『美人図』(昨年11月公開)は公開約1週間で100万人の観客動員数を記録した。


 2作品に共通するのは過激な性描写で、これがヒットにつながったと言われている。まず『霜花店』は男女のセックスシーンだけでなく、チョ・インソン演じる王の親衛隊長と、チュ・ジンモ扮する王の同性愛が描かれているということも話題に。ドラマで爽やかな青年や御曹司を演じることが多かったチョ・インソンの大胆な露出もポイントが高い。

 次に、朝鮮時代を舞台に、ある画家の悲恋を描いた『美人図』の方はというと、大胆なベッドシーンもさることながら、せつない恋模様も見どころ。そのためか、観客の6割強を女性が占めていたという。現在、韓国ではTVドラマも制作費が縮小されるなどエンターテイメント業界全体が不調だといわれているが、その理由は不況だけではなく、今までに見られなかった刺激的な作品を求める風潮が高まっているからなのかもしれない。

 ちなみに、チョ・インソンは今年初春、空軍に入隊予定。入隊した多くの芸能人が国防広報員を務めているなか、前線部隊入りを志願しているのだとか。『霜花店』での体当たり演技といい、なかなかガッツのある男です(!?)

『マドレーヌ』

チョ・インソンの甘~い笑顔にクギヅケです!

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 「歌詞が性的欲求を刺激」 RAINの新曲に”R指定”
【関連記事】 チェ・ジウ最新ドラマの撮影現場でマスコミが「騙された!」と激怒
【関連記事】 芸能人の相次ぐ自殺に、ついに韓国政府が動いた!

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  15. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー