[ジャニーズ最新言行録]

櫻井翔主演『ヤッターマン』上映でアメリカにジャニヲタ結集!?

櫻井君も、いよいよワールドワイド?

 3月7日に公開の映画『ヤッターマン』が、日本公開に先駆けた2月6日~7日、ニューヨークでワールドプレミアを行なうことが明らかとなった。今年で4年目を迎えるニューヨークコミックコン(New York Comic Con)の目玉として、ブロードウェイのDirectors Guild Theaterとマッハタンのジャビットセンター・IGNシアターで上映。三池崇史監督、櫻井翔も現地入りし、スケジュールが可能な限りトークショーなどのイベントに出席する予定だ。

 アメリカでのプレミア上映会といえば、昨年4月、ロサンゼルス市内の南カリフォルニア大学(USC)で行われた『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』のプレミア上映会に松本潤が出席し、全米各地から集まった嵐の私設ファンクラブ会員36名から熱烈歓迎を受けたのは記憶に新しい。最前列を陣取った彼女らは日本人以上の黄色い声援を送り、松潤も「(映画『硫黄島からの手紙』で海外PRを行った)ニノから話は聞いていたけど、実際にこんなに応援してくれる人がいるなんてびっくり」と驚きの声を上げていた。


「もともと、アジア系の留学生などを中心に設立され、昨年の時点で数千人の会員がいるといわれていた私設ファンクラブですが、昨年の嵐フィーバーやアジアツアーの影響もあり、会員数はさらに増加しているようです。前回の大学での上映会に比べ、今回のコミコンはファンも参加しやすい。アメリカのアニメオタクに加えて相当数のジャニヲタが集まるのでは?」(嵐の熱心なファン)

 ニュースキャスター、五輪レポーターとして活躍する中で英語力の必要性を感じ、昨年から英会話教室にも通い始めたという櫻井。アメリカ人講師との授業の様子を、

「講師がアメリカ人で同級生、同い年なんだけどスゴイ趣味が合っておもしろくて。そいつも旅行好きなわけですよ。僕の英会話のスタンスとしては、なんでもない話を2時間くらいして、僕が返す言葉で前置詞だったり、やっぱり日本人だから間違えちゃうワケですよ。その部分を直してもらってって、まぁ普通に話してるだけなんだけど、インドやエチオピアに行った時の話をして写真を見せてもらったり、お土産もらったりね。友達みたいになっちゃって、面白い話いろいろ聞けて楽しいっすね、英会話も」

と、昨年春のラジオで語っていた櫻井。こうして培った語学力が、スピーチというかたちで今回のコミコンで披露される可能性も? 映画の内容以外にも、様々な面で話題を集めそうだ。

【関連記事】 壊れる寸前!? 松本潤、08年は忙し過ぎて「全然覚えてない」
【関連記事】 1月スタートの大野智ドラマ、出演者情報ナシのドタバタ事情
【関連記事】 ファン衝撃! 嵐・二宮和也の日記が突然終了

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー