感動が一気に泥沼へ

「ギャラを削って貢献したのに…」 今度はあの韓国映画が裁判沙汰に!

jisogu.jpg
映画のために、自らギャラを削ったソ・ジソブ
しかしその結果は……

 最近、不況の韓国映画・ドラマ界では出演者が自らギャラを減額することがひとつの流れになっているが、08年に公開された『映画は映画だ』はそのさきがけともいえる作品。新人監督チャン・フンによるこの作品は、韓国映画の平均製作費を大幅に下回るローコストながら、主演が人気俳優のソ・ジソブ、カン・ジファンということで話題に。主演の2人は自らギャラを削って映画に投資し、その結果、完成度の高さが評価されて130万人もの観客動員数を記録。3月には日本でも公開予定だ。

 大成功を収めた本作だが、興行収益をめぐって訴訟騒ぎに発展している。訴訟を起こした主演2人の所属事務所・製作会社・投資会社が出したプレスリリースによると、「配給を請け負った『スタジオ2.0』が興行収益(入場料収入から配給手数料を差し引いたもの)を同社の債権者に無断で譲渡した」のだという。つまり、本来ならば俳優の所属事務所・製作会社・投資会社に支払われるべき収益金が横領されたというのだ。現在も裁判は続いており、決着はついていない。

 韓国映画にはめずらしく低予算で成功を収めた作品だったのに、こういうニュースに取り上げられるとは、なんとも悲しい。主演俳優2人のやりきれなさは察するに余りある。それにしても、最近の韓国エンタメ界は訴訟だらけだ……。

ソ・ジソブ 「ごめん、愛してる」の世界へ -in YOKOHAMA- [DVD]

来日時のあの笑顔が忘れられなくて……。

amazon_associate_logo.jpg

【関連記事】 ついに韓国版『花より男子』が登場! フレッシュな”花美男”に期待☆
【関連記事】 不況の韓国映画界で大躍進 今、R-18指定映画がアツい!?
【関連記事】 チェ・ジウ最新ドラマの撮影現場でマスコミが「騙された!」と激怒

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  16. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  17. キャラ変え好調の乙武洋匡
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 婚約中の浮気も不倫と同じ?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー