[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

朝青龍より○○○、ジャニーズファン「大相撲視聴率」急上昇の謎

 1月11日に初日を迎えた大相撲一月場所。ケガから2場所ぶりに復帰した朝青龍の進退がかかっていることもあり、注目も高まるなか、初日の観客席に思いがけない人物が登場したという。

「V6の三宅健くんです。オレンジ色のノースリーブのパーカーに白いロングTシャツを着てて、時々髪の毛を気にしながらも、熱心に観戦してました。手を叩いてはしゃいだりするのがかわいくて、私も試合より健くんが気になったほど(笑)。時々となりのおじさんとこそこそ話をしていましたが、この方は以前も一緒に相撲観戦に来てたような気がするんですよね。少年隊・錦織一清さんと来ていたこともあるようですし、相撲関係か事務所関係の方であることは間違いないと思うのですが……」(観戦に訪れていた女性)


 当日、この情報がさっそくネットの掲示板に書き込まれ、中継を見逃したファンが慌てて「大相撲ダイジェスト」を録画するなど、予想外のハプニングにファンは大わらわ。結果的にカメラに映りやすい「砂かぶり席」で観戦していたこともあって、無事プライベートでの観戦姿をゲットできたファンも多かったようだ。

 それにしても、かねてからたびたび相撲観戦に訪れているという三宅、いったいいつから相撲好きになったのだろうか?

「彼が相撲に興味を持ちはじめたのは20歳くらいのことらしいので、もう10年前になりますね。今ではかなりハマっているようですよ。武双山と親交があるようで、反物をもらって、それで浴衣をあつらえたりしていました。いまも毎年、番付表やカレンダーまで送ってもらってるようですよ。武蔵丸の断髪式に伊東四朗と参加したこともありますし、相撲とはかなり縁が深いようですね。もともと日本的なものを好み、流鏑馬(やぶさめ、疾走する馬上から矢を射る伝統技術)を始めたり、落語にも足を運んでいる彼ですから、”国技”に興味をもつのも自然ななりゆきなんでしょうね」(ジャニーズウォッチャー)

 テレビに映っていることを承知のうえで、顔も隠さずに観戦してくれるのは相撲への敬意なのか、周囲への配慮なのか……。どちらにせよ、そのおかげで無邪気に楽しんでいる三宅が堪能できるのはこちらとしてもありがたいこと。これからも「大相撲中継」は要チェック番組かも?

【関連記事】 「バカを演じるのは疲れた」三宅健、メンバーのいじめを告白!?
【関連記事】 表参道でゴミ拾いのボランティア活動をしたジャニーズとは?
【関連記事】 V6・岡田准一、20歳で事務所をやめようと思っていたことを告白

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク