[ジャニーズ最新言行録]

関ジャニ∞の横山裕&村上信五、徹子相手にトークバトルを挑む

ライブでもノリノリの関ジャニ∞。徹子を倒せ
るのは彼らしかいない!?

 1月16日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、ゲスト出演することが決まった関ジャニ∞・横山裕、村上信五、大倉忠義。その前週となる9日には、TOKIO・松岡昌宏が同番組のゲストに招かれていることから、おそらく松岡、大倉出演のドラマ『必殺仕事人2009』(テレビ朝日系)の番宣絡みであり、トークの苦手な大倉だけでは心もとない……ということで横山と村上も出演する流れになったのだろう。

 数年前から「一番出たいテレビ番組は?」という質問に「徹子の部屋!」と即答していた横山にとって、まさに悲願が実っての出演となるが、芸人並みの秀でたトーク力に定評のある横山&村上が、黒柳徹子相手にどんなバトルを繰り広げるのか、ファンでなくとも楽しみだ。


 ジャニーズ事務所の副社長でもあるメリー喜多川と個人的に友人であり、森光子と並ぶ”ジャニーズフリーク”としても有名な徹子。ジャニーズタレントの舞台やコンサートに駆けつけたり、食事へ出掛ける姿なども頻繁に目撃されているが、中でも近藤真彦とは、近藤の家族も含めて海外へ旅行にでかけるほど、大の仲よし。昨年2月、『徹子の部屋』にマッチが出演した際にも、お正月に出かけたラスベガス旅行での徹子の不思議な行動についてマッチが指摘し、珍しく徹子がタジタジになってしまうシーンが見られた。

 また、かつてTOKIOの『メントレG』にゲストとして招かれた際には、進行をなかば無視して不思議な歌とダンスを披露したり、自らの妙なプライベート秘話を明かすなど、いつものごとく暴走気味。が、35歳の時に篠山紀信に撮影されたというヌード写真をメンバーに見られて散々はやし立てられた挙げ句、共に飲みに出かけたという松岡が「帰りに徹子さんに送ってもらったんだけど、車の中でふと徹子さんの方を見たら、シースルー(の服)でノーブラだった」というエピソードを明かし、「これは、誘われてんのかって思うわけよ!」と熱く語ると、一転して乙女のごとく恥じらいの表情を見せる場面もあった。

 普段、どんな大物を前にしてもマイペースにトークを繰り広げる彼女だが、どうやらこういった類の話は少々苦手のよう。ちなみに、番組公式サイトには松岡の出演する9日の予告として「黒柳に下着をプレゼント!?」という意味シンな言葉もあるので、またもや徹子をやりこめる姿が見られるかも? 関ジャニ∞の3人も、先輩にならって収録に臨めば、きっと徹子のマシンガントークに勝利することができる……はずだ。

【関連記事】 相葉雅紀に元カノを寝取られた!? 村上信五を癒す戸田恵梨香
【関連記事】 関ジャニ∞・大倉忠義のヘタレ具合にファンもメンバーもあきれ顔
【関連記事】 村上信五、生放送中に借金を取り立てられる

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと