[TVツッコミ道場]

“福利厚生”か!? フジ、アナ温泉&グルメ番組

 12月30日。誰もが大掃除や正月準備に忙しい日だった。

 そんな貴重なはずの時間に、実にくだらない番組を観てしまった。今回ツッコませていただくのは、08年12月30日の、朝9時55分から放送されたフジテレビ『ウオーキングプラス絶景日本の温泉グルメ歩き~FNSイケメン&美人アナ大集合』だ。

「FNS最強美人アナウンサーが超高級&超ディープな大阪食い倒れ初体験! 裸のイケメンアナウンサーは箱根の絶景&名湯秘湯にゲスト乱入パラダイス」とあるが、これ、ほとんどスポンサーのお金を盛大に使ったフジテレビアナたちの福利厚生番組のようであった。


 たとえば、美人アナウンサーたちが大阪で様々なグルメに触れるのだが、グルメレポーターのキレイなお姉ちゃんたちが1~2人出て、平凡なリアクションをとるという普通の番組とは一味違う。アナウンサーとしてのプロ意識からか、あるいは女子アナ特有の自己顕示欲の強さからか、一人一人が負けじとリアクションをとろうとするのだ。

 特に鼻息が荒いのは、自分より平凡でありながら「美人度」では上をいくかもしれない地方アナたちに、対抗意識を燃やす戸部洋子アナ。

「では、私がフジテレビを背負って、いかせていただきます!」

 と、誰よりも大げさなリアクションを連発して盛り上げてくれていた。切ない。

 さらに気になったのは、番組中、いろんな店のメニューで「金玉」が出てきたこと。「金玉」「謹玉」などのメニュー名を女子アナに言わせるというのがポイントらしく、「赤くなっちゃって~、可愛い~」なんて本当にどうでもよいやりとりが繰り返された。

 一方、「イケメンアナ」として登場したのは、夏に不倫報道&謝罪で話題になった渡辺和洋などで、半裸で入浴したり、寝起きシーンがあったり……もう、何なんでしょう。

 昨今、「若手(中堅?)男子アナ」としては、TBSの安住紳一郎が抜きん出た存在となっているだけに、フジテレビも「うちも”第二の安住”が欲しい」と焦りを感じているのだろう。

 渡辺ソックリの容姿のアナ(名前はよく知らない、何人かいる?)を採ってみたり、「でももう少し知性がほしい→イケメン度もそこそこはほしい」という妥協点から、どっちつかずの男子アナを採ってみたり……。挙句、需要があるのかどうかもわからない「裸のイケメンアナウンサー」なんてものを企画してみたりと、迷走ぶりがうかがえる。

 これだけ内輪ウケの”福利厚生番組”を堂々とやれる姿勢には、ある意味ちょっと清々しささえも感じてしまうけど、その一方で、「関西で大人気」として借り出された宮根誠司と、メッセンジャー・黒田が、完全なる「超ワンポイント」で使い捨てられていたのにはちょっと泣いた。

 まるで、社員旅行に呼ばれたものの、芸を全然見てもらえず、浮きまくってる切ない芸人のようだった。
(田幸和歌子)

【関連記事】 フジアナ・佐々木恭子にみる大人のでき婚”とくダネ婚”
【関連記事】 イケメン占い師が、生放送で美人司会者にマジ告白!?
【関連記事】 山下智久の妹がミス日芸で敗退し「意味わかんない」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー