[ジャニーズ最新言行録]

ファン衝撃! 嵐・二宮和也の日記が突然終了

 ジャニーズ事務所の公式携帯サイト「Johnny’s web」で連載されていた嵐・二宮和也の「ゲームニッキX」が20日付けで突然終了し、ファンを中心に衝撃が広がっている。

 二宮の「ゲームニッキ」がスタートしたのは、4年前の2004年12月20日。1000回に到達した際に一度「終了」を宣言したものの、翌日には「ゲームニッキX」とタイトルを改め、再スタートした。それ以来、海外へ行った際にもほぼ毎日更新を続け、ファンを楽しませていた。


 最後の更新となった20日の「ゲームニッキX」では、「このたび、このゲームニッキを辞める事になりました。 まぁ理由は……。 聞かんでやってください」と、突然の宣言。連載終了の理由は明かさなかったものの、「本当に本当に長い間ご愛読いただきましてありがとうございます。皆様が読んでくれるというのが最高に嬉しく大変良い時間でした」と、ファンに対する感謝の気持ちをつづっている。

 メンバーとの会話やコンサートの感想、趣味であるゲームやマジックの話、プライベートでの交友関係などが飾らない文章でつづられ、二宮や嵐の素顔が垣間見られるコーナーだっただけに、今回の終了はまさに衝撃。20日付のmixi日記キーワードランキングで「ゲームニッキ」が6位にランクインしたことからも、ファンの関心の高さがうかがえる。それでも、あまりに突然のことで、さぞかし非難の声が集中するかと思いきや、

「ホントに終わりなの? ドラマが終わったばかりなのに、このうえ毎日の楽しみがなくなるなんて……」
「忙しい合間を縫って、4年間も毎日更新してくれてありがとう」
「また会えることを信じて待ってます」

 と、意外に感謝の声がほとんどで、悲しむ声こそあれ、責める声は見当たらなかったのだ。

「ファンも、ニノの忙しさを知ってるだけに、ムリは言えないという認識があります。2年ほど前に、数日ゲームニッキを休んだことがあったのですが、そのときも『大人の事情』と、本人は理由を語りませんでした。ただ、その年のジャニーズ恒例の初詣に”喪中”という理由で不参加だったため、その時期に近しい方が亡くなられたのではとファンの間では推測されています。それぐらいの事情がなければ休まなかったのだから、今回の終了も彼なりの理由があるのでしょう。それでも、はやくも再開を希望する声がジャニーズウェブ側に殺到しているようです」(ジャニーズ通)

「道は真っ直ぐじゃございませんから、また皆様の道と交わる時が来るでしょう。では。その時まで。ありがとうございましたm(_ _)m」
 
と、最後の日記を締めくくった二宮。その言葉を信じて、再開を心待ちにしたい。

【関連記事】 引きこもり堂本光一が少年隊・植草克秀に急接近! そのきっかけは…
【関連記事】 関ジャニーファンの辻仁成が、嵐のCMを小説化
【関連記事】 セコイ? エコ? おさがり衣装を使い回すジャニーズアイドル

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  11. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  16. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  17. キャラ変え好調の乙武洋匡
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー