【動画あり】

泣きっ面にハチ! ライブで転倒のマドンナにネットで嘲笑の声

madodoododoodod.jpg
もう、マドンナは”ホット”じゃない?

 マドンナが8月23日にウェールズからスタートした、約4カ月間にわたる長丁場の「Sticky & Sweet Tour」もいよいよ最終日に近付いている。10月4日にアメリカ入りした後、12月からは南米に場所を移し、千秋楽は12月21日のブラジル・サンパウロでのライブとなる予定。

 「事件」は14日、満員となったリオデジャネイロのコンサート会場「エスタジオ・ド・マラカナ」で起こった。


 その日、悪天候の中マドンナはコンサートを強行したが、途中から強い雨に見舞われてステージは水びたし。心なしか荒く見えるライブパフォーマンス中、ステージ上の雨水に足をとられ、滑って転倒してしまったのだ。

 その動画が早速インターネットに配信され、話題を呼んでいる。コメント欄を見ると、「もう止めたら? 絶頂期は過ぎ、お金も子供も手に入れたんだから、まだ見られるうちにステージから降りた方がいいよ」「彼女、正気じゃないよ!もう前みたいにホットじゃない!」「転んだのより、音がとにかくひどい! それに彼女は売春婦みたいに見える」と散々な言われよう。

 さらにこのライブの翌15日、マドンナの広報担当が発表したところによると、彼女は前夫のガイ・リッチーとの離婚で、少なくとも約69億円を彼に分与することになったという。マテリアル・ガール(物質的な女)改めマテリアル・ママの誉れの高いマドンナのこと、この金額の大きさに動揺して足を滑らせたのか、はたまたまだ未解決である2人の子供の親権問題にむしゃくしゃしていたのか……。

 とにかく、この転倒動画を見て、さらに離婚で金銭的な痛手を彼女が負ったことについて、気の毒に思うよりクスクスと笑った人の方が多かったらしく、クールなマドンナのイメージがダウンした
のは確か。

 とはいえ、このツアーのチケットがアメリカとヨーロッパではほとんどソールドアウトなのはさすがである。ガイに支払った金額を取り戻そうとすれば、当分ツアーは止められない。まだまだ客を呼
べる彼女、滑って転んだぐらいでめげないで!

【関連記事】 マドンナと離婚のガイ・リッチー、命を狙われる!
【関連記事】 マドンナ一生の不覚! 離婚で資産527億円の半分を夫に!?
【関連記事】 マドンナとの「浮気の代償」? ヤンキ―スのA-ロッド、離婚成立

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと