[連載]亀井百合子の「オシャレな女に憧れて」

流行語を無理やりアンチエイジング。昔の流行語を使ってみる

wowowoword.jpg
photo by nicasaurusrex from flickr

 流行語が廃れていくスピードが異様に速い。先日、「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補語60語が発表されたが、その中には、もうすでに”流行語でない”ものも少なくない。特に、お笑い・バラエティ系は違和感がある。「グ~!」「言うよね?」って今も言う?

 昔は流行語がもっと長持ちしていたと思う。「いいとも!」なんて、『笑っていいとも!』が放送開始した82年から少なくとも3年くらいは使えてたような気がする。あの頃は「いいとも!」で飯が三杯食えた。「許してちょんまげ」も2年間は使えてたと思う。「~気がする」「~と思う」と曖昧な話ばかりで申し訳ないのだが、今ほどサイクルが速くなかったのは確かだ。当時、筆者が子どもだったせいもあるかもしれない。でも、今の子どもは「欧米か!(07年候補語)」なんて言うのだろうか。


 こんな現代、まるで流行語を使い捨てしているようでもったいない。コートを買うときは、いつも「これは一生モン!」と心に決めて買うのだけど、一生着ることは絶対にない。そんなことは、わかっている。しかし、せめて5年くらいは大事にしてあげようよ。ということで、最近5年間の流行語を使ってみることにした。相手はどんな反応をするだろうか。過去5年間にどんな言葉が流行っていたかすらすっかり忘れていたので、ネットで検索して頭に叩き込んだ。以下は11月某日、S編集者(男・31歳)との会話の記録である。

【六本木のファストフード店にて】
 S「そろそろ、彼女にプロポーズしようと思うんですよ」
 私「そうですか」(くだらない話題キターー!!(08年候補語)。流行語を使うにぴったりの流れだ)
 S「やっぱり何か特別な演出をした方がいいんですかね」
 私「いらないでしょう」(とりあえず景気付けに「フォー!」と心の中で叫んでみる。心の中とはいえ恥ずかしいぞ)
 S「確かに、いらないっていう人もいるんですけど」
 私「演出よりも、早くした方が……」(「ゲッツ!」と言ってみようかと思ったが、これも恥ずかしくて言えず。そもそも文脈に合ってるかもわからず)
 S「でも、いろいろ演出する人もいるらしいんですよ」
 私「へぇ」(あ!)
 私「へぇ、へぇ、へぇ、へぇ、へぇ……」(と控えめにテーブルを叩いてみる)
 S「……」
 私「……10へぇ」
 S「それで、周りの人に聞いてみたんですけどね」(と何事もなかったかのように会話が続く)

【日比谷線車内にて】
 私「編集部で、流行語を使うことはありますか」
 S「使わないですね。今、何が流行っているんですか」
 私「グ~!」
 S「言わないですね。KY(07年候補語)はたまに言うかもしれない。そういえば、「シブヤ経済新聞」に女子高生の流行語の話題が出ていましたよ。今はおもしろくなくても、『ウケる』って言うのが流行ってるらしいです」
 私「ふーん。……へぇ、へぇ、へぇ、へぇ、へぇ」(テーブルがないので、手を振って叩くフリ)
 S「……そういうのでも、たぶん女子高生は『ウケる』って言うんじゃないですかね」

 結局、「ゲッツ!(03年候補語)」も「○○斬り!(04年トップテン)」も「フォー!(05年トップテン)」も「イナバウアー(06年大賞)」も使えなかった。まさしく、何も言えねー(08年候補語)。私はヘタれだ。だが、いざ口にしようと思うと、本当に本当に恥ずかしいのだ。「フォー!」と叫ぶくらいなら、むしろエロい言葉の方が言えそうな気がした。

 そして、あんなに流行っていた流行語なのに、ほんの数年で使い方を忘れていたことにも驚いた。「フォー!」と並んで05年の候補語に「ハードゲイ」が入っているんですが、どういうシチュエーションで使っていたのでしょうか。謎です。「へぇ~(03年トップテン)」は、使える機会は多そうだけど、やっぱり2へぇ以上重ねて言うのは恥ずかしい。

 さて、今年の流行語はいつまでもつだろうか。大賞とトップテンは12月1日発表です。

【関連記事】 オシャレタレント千秋に学ぶ、R35のNGファッション
【関連記事】 フジアナ・佐々木恭子にみる大人のでき婚”とくダネ婚”
【関連記事】 あの熱狂から28年。今、MATCHYに惚れ直してみる

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク